>  > 三浦大知、ソロデビュー13年の変遷

三浦大知『BEST』リリースインタビュー

三浦大知が語る、ソロデビュー13年の変遷と未来 「日本の音楽の面白さが世界に伝わったら」

関連タグ
三浦大知
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「三浦大知という遊び場で楽しんでもらえたら」

ーー三浦さんはご自身の作品や活動について話される際に、「三浦大知」ではなく「三浦大知チーム」という表現をよく使われますよね。そういう言葉を使うアーティストは必ずしも多くはないと思いますが。

三浦:僕自身全部ひとりでやれるタイプではないので、「チーム」とか「プロジェクト」でエンターテインメントを作っているんだなというのはいつも思っていることです。少しずつ活動を積み重ねていく中で、いろんな魅力を持った仲間とだんだん出会っていくんですよね、『ワンピース』じゃないですけど(笑)。そういう人たちとものづくりをしていくのは単純に楽しいですし、「やっぱりこの人がいてくれないとこれは作れないな」ということも思ったりするので、日々刺激を受けながらやっています。

ーーバンドのリーダーじゃないですけど、様々な場面で協力してくれる人たちのフロントに三浦さんが立っている、というようなイメージなんですね。

三浦:そうですね。今話しながら思い出したんですけど、「チーム」っていう意識を持つようになったきっかけはKREVAさんとの出会いが大きかったかもしれないですね。KREVAさんはリーダーシップが半端なくて、自分が先頭に立ってどっちに進むかをしっかり示すし、しかもそれだけじゃなくて愛もあって、周りの人に対してもすごく気を使っているんですよね。そういうのを見て、ああやってみんなを引っ張るような人になりたいと思いましたし、そこはすごく影響を受けているかもしれないです。KREVAさんには以前ご自身が出演するフェスのトリのステージにも「大ちゃんはこの景色を見ておいたほうがいいよ、そのうちこういうところでやることになるだろうから」ってゲストで呼んでいただいたことがあるんですけど(『ROCK IN JAPAN FES.2012』のGRASS STAGEのトリとして出演したKREVAのステージに三浦大知がゲストとして参加)、なかなかそんなことできないですよね。この先ちょっとずつお返ししていけたらいいなと思っています。

ーーKREVAさんや先ほど名前が挙がった鶴瓶さんもそうですし、チームとしていろいろな人と一緒に活動していることも含めて、三浦さんは自分以外の人と何かをコラボレーションして、そこから影響を受けるということをすごく楽しまれていますよね。

三浦:そうですね。

ーーその辺は最初におっしゃっていた「気づき」ともつながってきますよね。三浦さんの作るエンターテインメントで人に気づきを与えたい、というのと合わせて、三浦さんご自身もエンターテインメントを作る過程でいろいろな気づきを得ているのかなと。

三浦:「自分も気づいていない三浦大知の魅力」みたいなものを自分以外のアーティストの方に引き出してほしい、という気持ちはありますね。もちろん僕も相手に対してそういう存在でありたいですし、コラボレーションに関しては「三浦大知という遊び場で楽しんでもらえたらいいな」というふうに思いながらやっています。

ーー特にこの1年ほどは、かなりいろいろな人たちが「三浦大知という遊び場」で遊びまくっているように思います。

三浦:そうであればすごく嬉しいですね。最初にもお話ししたとおり自分としては「オリジナルなものを生み出したい」という気持ちがすごく強いので、そういう意味でもコラボレーションを通じて周りから影響を受けることは重要だと思っています。「オリジナルなものを生み出す」ためにはまず「何がオリジナルなのかを理解する」ことが必要なわけで、そのためにはいろいろなことを知らないといけないですよね。世の中に存在するもの、他の人が考えていることからいろいろ影響を受けたうえで、じゃあ三浦大知として「まだ世の中に存在しないもの」「誰も思いついていないこと」をどうやって作り出していくか探っていきたいなと。

ーーなるほど。「いろいろ知らないといけない」という話でいうと、三浦さんは普段どういうふうに音楽に関してのインプットを得ているんですか? サブスクリプションサービスで掘ったりとかですか?

三浦:それもしますよ。気に入ったものから芋づる式にたくさん聴けるのはいいですよね。あと最近は人のレコメンドを聴くのが楽しいかな。自分で掘るのとはまた違った発見があって面白いです。

「日本語の音楽がもっと世界で聴かれるといいなと思っているんです」

ーー先ほど「DIVE!」に関しては「新機軸というよりは今までの延長線上にあるもの」というようなお話がありましたが、今回の『BEST』を経て今後やってみたいことについて、見えてきている部分があれば差し支えない範囲で教えてください。

三浦:自分は結構あまのじゃくなので、ベスト盤っていうある意味で王道の作品を作ったことに対する反動がものすごく来ると思うんですよね。「これ、ほんとに形になるかな?」っていうようなことを思いつくかもしれないですが、そういうものにこそちゃんとチャレンジしていきたいと思っています。

ーー「三浦大知の今後」というテーマを話す場合、最近は「グラミー賞」という言葉が出てくる頻度が非常に高いですよね。あまり遠い未来の目標は立てないというような話もありましたが、三浦さんとしてはグラミー賞に対して現時点でどういうことを考えていますか?

三浦:「グラミー賞を狙っている」ということ自体は嘘ではないですし、チームとして狙えるものはしっかり狙っていきたいという気持ちはあります。ただ、僕としては、「海外で普通に三浦大知の音楽が認知されている、新曲が出たら自然と世界中の音楽好きの人たちの話題になる」というような状況になったらいいなという思いが先にあって、「そうなっていたら自然とグラミー賞をとるような存在になっているだろうな」という順番なんですよね。

ーー「グラミー賞をとる」というよりは、「日本以外の場所でちゃんと三浦大知の存在が認識されている」という方に主眼があるわけですね。

三浦:僕はすごく日本語が好きで、日本語の音楽がもっと世界で聴かれるといいなと思っているんです。三浦大知としてそういう流れを作れれば最高ですし、それができればグラミー賞というものがついてきてもおかしくないのかなと。あとは僕が起点じゃなかったとしても「日本の音楽は面白い」みたいなことが世界に伝わったらいいなと思っていて、その中に三浦大知の音楽も位置づけられていたら嬉しいですね。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider
 

ーーこの先国内のシーンにおいても、もしくは海外に向けてという局面においても、三浦さんの存在感はますます強くなっていくと思います。これまで三浦さんは宇多丸さんやKREVAさんといった先輩方にフックアップされてきた側面もあるわけですが、ご自身も年齢を重ねて影響力を持ちつつある中で、「こういう後輩を引き上げていきたい」というようなことを考えたりはしますか?

三浦:具体的にはまだわからないですが……これはKREVAさんにも言っている話なんですけど、「こいつめちゃくちゃいいんですよ」って自分の後輩をKREVAさんに紹介できたらそんなに嬉しいことはないなと思っていて。自分の大好きな先輩と大好きな後輩がつながっていて、それをつなげたのは自分、ってほんとに素晴らしいなと。そういうことができたらと考えるとすごくワクワクしますね。その後輩はもしかしたらミュージシャンではなくてたとえば料理人とかかもしれませんが(笑)、どんなジャンルであれクリエイティブな面で刺激になる次の世代の人たちとこの先出会えることを楽しみにしています。

ーーありがとうございました。今日お話を聞かせていただいて、三浦さんはすごく「ハブ」になるという意識が強いというか、ご自身の表現のレベルも高めるだけではなくて、いろいろなものをつなげる役割を果たしていきたいのかなと思いました。「チーム」という考え方だったり、日本の音楽を海外に知らせる存在でありたいというお話だったり、世代間の橋渡しであったり。

三浦:そうですね……もちろん、三浦大知として何かを成し遂げたいという気持ちはありますよ。「死んでから評価される」みたいなのは嫌ですし(笑)、現役で活動している間に「面白いことやってるな」と思っていただきたいです。ただ、それだけではなくて、「あの時代に三浦大知がいたからあそこでああいうものが登場した」とか「三浦大知のおかげで日本の音楽のこういうところがフラットになった」とか、何かが生まれたり動き出したりするきっかけに自分がなれていたら、すごく幸せですね。今後活動を続けていく中で、そういうことに少しでも多く関われたらいいなと思っています。

(取材・文=レジー/写真=下屋敷和文)

■リリース情報
ベストアルバム『BEST』
発売中
2CD+DVD(CD+DVD+スマプラムービー+スマプラミュージック)¥4,500(税別)
2CD+Blu-ray(CD+Blu-ray+スマプラムービー+スマプラミュージック)¥5,500(税別)
2CD(CD+スマプラミュージック)¥3,200(税別)

<収録内容>
=CD=
[DISC A]
1. Keep It Goin’ On
2. Free Style
3. Southern Cross
4. No Limit featuring 宇多丸 (from RHYMESTER)
5. Flag
6. Inside Your Head
7. Your Love feat. KREVA
8. Delete My Memories
9. The Answer
10. Lullaby
11. Turn Off The Light
12. Two Hearts

[DISC B]
1. Right Now
2. Voice
3. GO FOR IT
4. Anchor
5. ふれあうだけで ~Always with you~
6. IT’S THE RIGHT TIME
7. Unlock
8. music
9. Cry & Fight
10. (RE)PLAY
11. EXCITE
12. U
13. 普通の今夜のことを − let tonight be forever remembered −
14. DIVE!

=DVD / Blu-ray=
Keep It Goin’ On
Free Style
Southern Cross
No Limit featuring 宇多丸 (from RHYMESTER)
Flag
Inside Your Head
Your Love feat. KREVA
Delete My Memories
The Answer
Lullaby
Turn Off The Light
Two Hearts
Right Now
GO FOR IT
Anchor
ふれあうだけで ~Always with you~
IT’S THE RIGHT TIME
Unlock
music
Cry & Fight
(RE)PLAY
EXCITE
U
普通の今夜のことを − let tonight be forever remembered −
DIVE!

三浦大知OFFICIAL HP
「BEST」SPECIAL SITE

三浦大知 サイン入りチェキプレゼント

 

三浦大知のサイン入りチェキを2名様にプレゼント。応募要項は以下のとおり。

■応募方法
リアルサウンドの公式Twitterをフォロー&本記事ツイートをRTしていただいた方の中から抽選でプレゼントいたします。当選者の方には、リアルサウンドTwitterアカウントよりDMをお送りさせていただきます。

※当選後、住所の送付が可能な方のみご応募ください。個人情報につきましては、プレゼントの発送以外には使用いたしません。
※当選の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。

リアルサウンド 公式Twitter

<応募締切>
2018年3月26日(月)まで

      

「三浦大知が語る、ソロデビュー13年の変遷と未来 「日本の音楽の面白さが世界に伝わったら」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版