>  > Samuelが掲げる将来像とは?

『SIXTEEN-Japanese Ver.-』インタビュー

弱冠16才のK-POPソロアーティスト、Samuelが掲げる将来像「自分だけの個性を確立したい」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  シングル『SIXTEEN-Japanese Ver.-』で日本デビューを果たしたSamuelは、弱冠16才ながら、すでに華々しいキャリアを持っている。2002年生まれのアメリカ合衆国出身。幼い時からアメリカでダンスを習い、13才のときにヒップホップユニット・1PUNCHのメンバーとして韓国デビュー。その後、人気オーディション番組『プロデュース101 シーズン2』に出演、2017年8月にミニアルバム『SIXTEEN』でソロアーティストとしての活動を韓国でスタートさせ、各チャートを席捲。さらにインドネシア、フィリピン、ベトナム、タイ、香港、シンガポールなどでもヒットを記録し、活動の幅を広げている。2月7日には日本での初イベントとなる日本デビュー記念フリーライブを開催し約1000人のファンが集結。卓越したダンスとボーカル、そして、少年性と色気を兼ね備えたビジュアルを存分に見せつけた。

 幼少の頃に見たジャスティン・ビーバーに憧れ、エンターテインメントの道を志したというSamuel。今回のインタビューではシングル『SIXTEEN-Japanese Ver.-』の話題を軸にしながら、これまでのキャリア、影響を受けた音楽、アーティストとしての将来像などについて語ってもらった。(森朋之)【※インタビュー最後にプレゼント情報あり】

誰が見ても「カッコいい」アーティストを目指して

ーー日本デビューおめでとうございます。2月7日にシングル『SIXTEEN-Japanese Ver.-』をリリース、初イベントも開催されましたが、日本での活動が始まったことを実感しているのでは?

Samuel:とても強く実感していますが、感謝の気持ちのほうが大きいですね。これから新しい自分を見せられると思うので、ぜひ期待してほしいです。

ーーまずはこれまでのキャリアについて聞かせてください。エンターテインメントの世界に興味を持ったきっかけは?

Samuel:いちばん最初はやはり音楽ですね。7才か8才のときにジャスティン・ビーバーの「BABY」という曲を聴いたときにすべてが始まったと思っています。純粋にカッコ良かったんですよね。楽曲、歌、ダンスも魅力的でしたが、まずはただただ“カッコいい!”と思って、すごく惹かれました。

ーーそのほかに影響を受けたアーティストというと?

Samuel:クリス・ブラウンですね。ステージング、パフォーマンスにおいて学ぶところがとても多いです。韓国のアーティストではDEANが好きですね。自分だけのカラーを持っているし、ジャンルに捉われず、幅広い音楽を表現しているところもいいですね。みなさん、自分だけのスタイルを持っているんです。クリス・ブラウンはピンスポットのなかで踊るだけで「クリス・ブラウンだ!」とすぐにわかるし、DEANの歌声、ジャスティン・ビーバーの楽曲にも、すぐにその人だとわかる個性があって。僕もそういうアーティストになりたいと思っています。

ーー本格的にアーティストを志したのはいつ頃ですか?

Samuel:アーティストというよりも歌手になりたいという気持ちが強かったのですが、9才か10才の頃だと思います。当時はアメリカにいたのですが、たまたま東方神起の「“O”-正・反・合」のパフォーマンスを観る機会があって。冒頭のユノさんのダンスがすごく素敵で、「自分もやってみたい」と思ったのがきっかけですね。

ーー11才のときにSEVENTEENの練習生として活動。13才でヒップホップユニット・1PUNCHとしてデビューした後、人気オーディション番組『プロデュース101 シーズン2』に参加。

Samuel:あの番組に出演したことは、今後の活動にとってもすごく大きいし、一生忘れられない経験になりました。自分のことを広く知ってもらえるきっかけになりましたし、成長できたことはもちろん、たくさんのものを得ることができたんですよね。いちばん良かったのは、自信を持ってステージに上がれるようになったことです。

ーー2017年8月にはミニアルバム「SIXTEEN」でソロデビュー。Samuelさんにとってグループとソロの違いは?

Samuel:グループ活動で良かったのは、当時はもっと幼かったので、自分の至らない部分、足りない部分をメンバーに補ってもらえる部分があったと思います。今、ソロとして活動して良いところは、自分が見せたいものを余すところなく見せられること。それは日本の活動のなかでも感じ取ってもらえると思います。

ーーなるほど。日本の音楽シーンに対してはどんな印象を持ってますか?

Samuel:正確なことはまだわからないのですが、ひとつ思っていることがあって。日本にはK-POPを好きな方がたくさんいて、それはすごく嬉しいことなのですが、「日本語バージョンよりオリジナルの韓国バージョンのほうがいい」という話をよく聞くんですよね。それは理に適っていると思いますが、僕は日本語バージョンもオリジナルバージョンも受け入れてもらえる楽曲を提供したいんです。だからこそ「SIXTEEN-Japanese Ver.-」もすんなり耳に入る曲になっていると思います。

ーー「SIXTEEN」はトロピカルハウスの進化形とも言えるトラックとドラマティックなメロディが印象的なナンバー。

Samuel:初めて聴いたときに「きっと自分に合うだろうな」と感じました。ビートもメロディも好きだし、自信を持ってパフォーマンスできそうだなって。制作を通して「これこそが僕の曲だ」と思うようになりましたし、すごく気に入っています。

ーータイトルにもなっている“16才”という年齢についてはどう思ってますか?

Samuel:いろいろなことを学び、吸収し、さらに自分を知る時期だと思います。大人と子供の中間地点というか……。20才になったとき、自分がどうなってるかすごく気になります。

ーーいまから4年後、どんなアーティストになっていたいですか?

Samuel:自分の口で言うのはちょっと恥ずかしいですけど、誰が見ても「カッコいい」と言われるアーティストになっていたいです。あと、20才までにレコーディングして、世に出した楽曲を全部聴きたいですね。1PUNCHのときの曲、ソロの曲もすべて聴いて、どれだけ自分が発展してきたかを確かめたいので。

      

「弱冠16才のK-POPソロアーティスト、Samuelが掲げる将来像「自分だけの個性を確立したい」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版