>  > 真部脩一が語る、普遍性と様式美

2ndアルバム『充分未来』インタビュー

集団行動・真部脩一が語る、“ポップスの普遍性”の探求と成果「ようやく独自の様式美に取り組める」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

齋藤里菜は特殊な育ち方をしている

ーー齋藤里菜さんのボーカルについてですが、いい意味で演奏との程よい距離感を感じますね。

真部:齋藤は本当にすごく上手くなってるんですけど、やっぱり歪な上手くなり方で。全く音楽を知らないところから入って、でも「素人を売りにしちゃダメだよ」と、英才教育的に技術を叩き込まれてきたので、感情の機微という部分での成長より、技術的な成長のスピードのほうが早いという、特殊な育ち方をしていると思います。それがバンドにとっては面白くて、技術的なところからはみ出した曖昧な要素が、逆に感情的に聴こえてくるんですよ。今回はギターロックによるバンド感、というところからもう少し自由になったので、ボーカルミュジックとして、ボーカルが一番生きる、美しい歌メロというところを主軸に置いてつくっていきました。齋藤里菜というボーカリストとかかわったことで、僕は自分の作風を薄味にできたし、齋藤もただこちらの注文に応えるスポーツ少女みたいなところから、もうちょっと浮遊感や奥行きを感じる歌い方に進化できて、お互いに軽さを手に入れられたというか。

ーー日本のポップスでボーカルミュージックというと、歌い手の情感のようなところにグッと寄ってしまうところがあると思いますが、本作からは、例えばフリートウッド・マックのようなクールな感覚が伝わってきました。

真部:齋藤が余計なものなしに、自分の感情を表現できているように聞かせられるようになった、というのが一番スムースな表現かなと。
 余談になっちゃうんですけど、前作が出たあとに、Vampilliaのリーダーに、「あのロックギターはなんやねん!」と言われて(笑)。

ーー真部さんのギターソロですね(笑)。

真部:「ダメですか?」って言ったら、「ダメとかいうことではないねんけどな」と。印象的だったのが、「真部くんな、わかってないみたいだから言うけど、Pearl Jamは日本じゃ売れてないんだ」「日本人はGuns N’ RosesよりNIRVANAの方が好きなんだ」と言われて、ハッとしたんですよ。エモーショナルなボーカルという演出方法があるとしたら、僕はずっとアクセル・ローズだと思ってたんですけど、それは違ったんだと。

ーーリーダーのお話、確かに一理あるという感じがします。

真部:僕にとっては救いでもあったんですよね。ロックスターに大事なものって、生まれ育ちとか、ドラマチックな部分だと思っていたのですが、歌唱法だったり、技術的な部分でのプロデュースが出来るほうがロックバンドをつくる上でコントロールしやすい。そういうもののほうが日本の音楽産業にマッチするのかも――というところで、それをやるには齋藤が適任だなと、あらためて思ったので。ちゃんと次世代のロックスターとして成長してほしいなと。

ーーということですが、ボーカルはまだ募集していると。集団行動は、今後どういう形になっていくのでしょうか?

真部:そこに関しては全くわからないですね。前回の募集をしたときから、自分のなかで矛盾なく、単純に関わっていく人を増やすことで、自分の音楽の行先みたいなところを作りたいと。新機軸として女性ボーカルを募集したというよりは、前回の流れの追加オーディションなので、「まだ続いてますよ」という形で。これに関しては企画ものでもなんでもないんです。ただ本気でやったら、これくらい時間がかかるというか。

ーー集団行動でやりたいと思っていることは一定だけれど、形としては、人数も増えていくことがあり得ると。

真部:そうですね。それもありますし、とにかく「これは」というバンドを作りたいというのはずっと変わらないところなので。そのためにできることはなんでも試すし、やってみますというところです。

ーー2月はAwesome City Clubとの自主企画イベントがあり、3月には単独ツアーもあります。ライブに対しては今後、さらに比重が高まっていきますか?

真部:ライブは増やしていきたいと思います。これまではレコーディングに時間を割いてきたんですが、やっぱりバンドのカラーというか、ワークフローをつくるだけでも大変だなと。もう、本当に基本的なことに、たくさん回り道をしながらがんばって取り組んできた1年弱だったんです。いまは制作の流れがスムーズになったので、これからはライブバンドとしても成長することにエネルギーを傾けつつ、メジャーレーベルのリリース感に慣れていきたいですね。

ーーなるほど。ライブで演奏している曲で、まだ音源化されてないものもあると思いますが、今年はさらに作品もコンスタントにリリースしていくのでしょうか。

真部:そうですね。去年のワンマンライブに向けてがむしゃらにストックを増やしたので、まだリリースできていない曲はたくさんあります。なので、それがお披露目できるところがあるといいなと思いつつ、今年出せるかどうかわからないですけど、制作とライブに引き続き心血を注ぎたいなと思っています。

ーー楽しみですね。

真部:メンバーと仲良しになって本当よかった(笑)。

(取材=神谷弘一/写真=伊藤 惇)

『充分未来』

■リリース情報
『充分未来』
発売:2018年2月7日(水)
価格:¥2,000(税抜)
〈収録曲〉
1. 会って話そう
2. 充分未来
3. 春
4. フロンティア
5. 絶対零度
6. 鳴り止まない
7. モンド
8. オシャカ

■ライブ情報
『集団行動の単独公演「充分未来ツアー」』
3月16日(金)大阪Music Club JANUS​
3月22日(木)渋谷WWW X

オフィシャルサイト

「集団行動・真部脩一が語る、“ポップスの普遍性”の探求と成果「ようやく独自の様式美に取り組める」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版