>  > スカイピースが明かすメジャーデビューへの思い

YouTuberユニット・スカイピースが明かす、結成のきっかけとメジャーデビューへの思い

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 YouTuberユニット、スカイピースが10月22日に3rdシングル『ハロウィン物語』を配信リリースする。スカイピースは、“テオくん”と“☆イニ☆(じん)”の2人組ユニット。2016年7月に結成して、わずか1年でYouTubeチャンネル登録者数は110万人を超え、総再生回数は4億回を突破。初のオフ会イベントは、900名の定員に対して2万人の応募が寄せられるなど、中高生を中心に高い人気を誇っている。

 そんな2人が今年8月に配信限定シングル『スタートダッシュ』でメジャーデビューを果たし、iTunes総合チャート2位、LINE MUSIC総合チャート2位を記録した。9月には2ndシングル『ありがとうをおまえに』、そして『ハロウィン物語』と3カ月連続でリリースを飾る。今回、快進撃を続ける2人に、出会う前のこと、同居生活の裏話、そしてスカイピースのこれからについて聞いた。仲のいい2人の掛け合いにも、注目!(佐藤結衣)

☆イニ☆、テオくん

「同じ学校だったら、絶対に仲良くなってなかった」(☆イニ☆)

ーー☆イニ☆さんはニコニコ動画、テオさんはVineと、それぞれ別のメディア出身だとお聞きしました。どんなきっかけで動画投稿を始めたんですか?

☆イニ☆:もともとアニメとかゲームとかオタク文化が好きで、そこからニコニコ動画を知ったんです。当時、“流星群”っていう音楽動画がすごく流行っていて。間奏でラップをしている人がすげーカッコいいと思ったのがきっかけです。そこからプロの歌手じゃなくてもネット上で発表できるんだっていうのを知って、自分でもやってみようって思いました。高校1年生のころでしたね。貯めてたお年玉でマイクとか買って。最初の投稿は「これ、めっちゃ伸びるでしょ」って、ドヤ顔でアップしたんです。なのに「オンチ」「ヘタくそ」「ニコ動くんな」とか、めちゃめちゃコメントで叩かれたんですよ(笑)。でも、その悔しさが逆にバネになりました。もっと頑張って見返してやるぞって。

テオ:えー、初めて聞いた!

☆イニ☆:ここまで詳しくは話したことなかったもんね。

テオ:あ、自分はカンボジア生まれなんですけど……。

☆イニ☆:絶対ウソやん(笑)! なんでそんなウソつくの!

テオ:違うでしょー。そこは「聞いてねーよ」って、ツッコミ待ちだよ、もぉ〜。

☆イニ☆:え、そういうこと? アハハハ。

テオ:フフフ。自分は、昔から結構目立ちたがりやで、学校行事の授賞式があると、クラス代表で前に出て、おちゃらけるみたいなキャラクターだったんです。高校3年生のとき、友だちに「Vineやってみれば? テオくんならイケるよ」って言われたのがきっかけですね。最初は、5人くらいの仲間にグループLINEで動画を送ってたんですけど、それが結構ウケて。友だちの友だちに広まって、「Twitterに上げようよ」ってなって、そしたら全国の人に拡散されて……って感じです。

☆イニ☆:すごいよ、全然苦労してないじゃん! 

テオ:楽ちんでした(笑)。

☆イニ☆:アハハ。出てる、出てる! カリスマ出ちゃってる!! でも、性格も本当に真逆なんですよ。同じ高校だったら、絶対仲良くなってないって思いますね。テオくんはアウトドア派で応援団長とかやってるタイプで、俺はインドア派で隅っこでゲームとかしてるような感じですもん。

テオ:そうかも! でも、全部直感でやってきたからこそ、じっくり考えるってことが苦手なんですよね。そこは、もう☆イニ☆たんに任せてるって感じですね、今は。

ーーそんな2人が、どうやってユニットを結成することになったのでしょう?

テオ:Vineをやってたときに、じんたんと共通の友だちがいて、みやかわくんっていうのですが、彼は、じんたんとも友だちで。「じゃ、一緒にやろうよ」っていう話が出て、当時流行ってたシェアハピのポッキーダンスの動画を撮りました。☆イニ☆たんと会ったのは、そのときが初めてだったんですけど、“この人と息合うな”って思ったんですよ。それで「チーム組まないか」って自分が誘いました。でも、4〜5回断られました(笑)。

☆イニ☆:いやー、自分の性格的に、めっちゃ考えましたね。当時は福祉の専門学校に行ってて、就職活動もしてたんです。実は、不動産会社への就職も決まっていて……ぶっちゃけYouTubeでやっていくって、不安な道じゃないですか。それでも、テオくんのモーレツなアタックに最後は「わかった、やろう」って言いました。

テオ:2人でやれば“伸び確(成功するのは確定)”だって思ってたんで! それも直感ですけど(笑)。何より、楽しかったんです。普通にしゃべってるだけでも楽しくて、絶対うまくいくって確信してました。

☆イニ☆:押し負けですよ、完全に(笑)。

テオ:自分は、いとこも、じいちゃんも、お母さんもみんな大工っていう家で育ったんで、高校を卒業して大工もやってました。でも、一緒に働くおじいさんの職人さんをみて、“俺、あの歳まで同じこと続けられるのかな”って思ったんですよ。今は大工も楽しいけど、飽き性だし……って。このまま大工の道を進み続けるか、今面白いと思っている動画作りを仕事にするか迷ってたときに、映画の『ビリギャル』を見たんですよね。主人公が難しいって言われてる大学を目指す姿を見て、「よし、大工やめて、動画やろ!」って腹くくったんです。でも、誰かとやろうとは最初思ってなかったんですけどね(笑)。

ーーテオさんからのラブコールは熱烈でしたが、☆イニ☆さんから見たテオさんの第一印象はどうだったんですか?

☆イニ☆:第一印象は……なんすかね。明るい子だなーって(笑)。いや、なんか簡単な言葉ですけど、自分が持ってない考え方とか言葉を持ってて、すごいんですよ。今でも、発見の連続です。急に「カンボジア出身」とかいいだすし!

テオ:アハハハ。

ーー慎重派な☆イニ☆さんと直感型のテオさん。そんな真逆な2人をつないだ、みやかわさんは貴重な存在でしたね。

テオ:そうですね。みやかわくんは独特なんですよ。どっちの面も持ってて。サッカーの話は自分と合うし、ネット関係はじんたんと合う。

☆イニ☆:本当に守備範囲が広くて、誰とでも仲よくできるタイプの人です。

テオ:実は最初、3人でやろうっていう話も出ていたんですけれど、タイミングがなかなか合わなくて。ちょっと揉めた時期もあったんですけど、仲直りして。また、みやかわくんには、彼のチームもできて……だからこそ今、3人でコラボ動画を撮るときは特別盛り上がるんですよね。あ、しゃもじの動画。3人のいい関係が出てるんで、ぜひ見てください(笑)。

ーースカイピースを結成して、すぐに2人で同居を開始したんですよね?

テオ:はい。やるんだったら毎日投稿したいって思ってて。それなら、一緒に暮らしたほうがコミュニケーションが取りやすいし、移動時間もないし。「一緒に住もう」って、自分から言いました。

☆イニ☆:もう、そのときは自分もやるって決めてたんで、すぐに受け入れましたね。でも、よく考えてみたら、出会って半年も経ってないくらいだったのに、いきなり同居するってなかなかないですよね。

テオ:あ、俺そのときめっちゃ金なかったんだよね。自分で提案しておきながら、初期費用は☆イニ☆たんに借りて(笑)。

☆イニ☆:そうだ、そうだった! 買い物のとき、テオくんが出したら「そのぶん、借金から引いて」ってやってたっけ。なつかしー! あ、みなさん、ちゃんと返済されているので、ご安心ください!

テオ:本当、行動が全部直感なんです。

ーーそれから2人で活動を続けてきて、違和感やギャップはありませんでしたか?

テオ:全然。自分は思ったこと全部言っちゃうタイプなんですけど、じんたんが聞いてくれるので。

☆イニ☆:俺は怒りっていう感情を生まれてくるときに忘れちゃったから(笑)。あ、身内とかテオくんとかを悪く言われたら別ですよ。でも、何時間待たされても、モノ壊されても、たいていのことでは怒らないですね。

テオ:2人ともキレイ好きで、洗濯物がたまってたら、気づいたほうがやるし。“最近、あっちがやってるな”って思ったら、俺がやったり。そこらへんの相性もバッチリで、だからケンカとかも全然……1回しか(笑)。

☆イニ☆:もしかして……。

テオ:ケンカっていうか、これは言わなきゃって思ったのが、卵かけごはんで……。

☆イニ☆:アハハハ。あー、やだなー。この話、これからもずっとイジられるんだろうな。

テオ:卵かけごはんて、器が卵で汚れるじゃないですか。じんたんが、おかわりしようとごはんを入れたんですけど、「やっぱいいや」って、そのまま炊飯ジャーに戻したんですよ。やばくないですか(笑)? 素直に叱りました。「ちょっと来て」って。

☆イニ☆:ごめん、ごめん〜!

「YouTuberユニット・スカイピースが明かす、結成のきっかけとメジャーデビューへの思い」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版