>  >  > アイドルが輝き続けるために必要なこと

中元日芽香、最上もが……相次ぐ人気メンバーの卒業&脱退 アイドルが輝き続けるために必要なこと

関連タグ
乃木坂46
でんぱ組.inc
Juice=Juice
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 8月6日、乃木坂46の中元日芽香がグループからの卒業を発表。時を同じくして、でんぱ組.incから最上もががグループを脱退した。

 2人の発表は1時間以内の出来事。共に、現アイドルシーンを代表するグループからの卒業、脱退だけあり、Twitterのトレンドやニュースサイトは2組の関連ワードで溢れた。一般層にもリーチするほど、インパクトのあるニュースであったということを示している。8月6日の夜は、お台場で3日間に渡り開催されていた『TOKYO IDOL FESTIVAL 2017』がフィナーレを迎えた直後。アイドルファンにとっては、高揚感に満ちた中で、現実に戻る悲しいタイミングとなってしまった。

 中元は卒業の理由を「体調面での不安」、最上も「心と身体のバランスが取れなくなり」と、共に自身のブログへ思いを語っている。中元は、今年1月から4月にかけて3カ月間の休業を挟んでいたが、「『以前のように上手くいかないな』って日が続いていて。それが許せなかったし、万全な状態でのアイドルでいたかったなというのが決め手となりました」と、卒業当日の『らじらー!SUNDAY』(NHKラジオ第1)の放送でコメント。ブログには、卒業後は芸能界も引退し、暫くは静養する予定であることを明かしている。最上は、今後ソロとして活動。女優業で具体的な出演オファーも来ており、前向きに動いていくようだ(参考:でんぱ組.incから最上もが脱退。所属事務所・ディアステージ株式会社に聞く今後(Yahoo!ニュース))。

 今回の知らせを聞いて脳裏をよぎったのは、欅坂46の平手友梨奈、Juice=Juiceの宮本佳林といった体調不良によって一時の休業を余儀なくしているメンバーの姿だ。平手は、5月頃から喉の不調という症状が現れるようになっていた。自身がパーソナリティーを務める『GIRLS LOCKS!』(TOKYO FM)では、他メンバーがサポートとして出演し、平手はスマホアプリの自動音声を用いて発言。ドラマ『残酷な観客達』(日本テレビ)では、一部のセリフを吹き替えにて対応していた。宮本も声が出にくい状態にある機能性発声障害。現在、ライブ、イベント、声を出す必要のある仕事を全て休業している。一方の平手は、その後もアルバムリリースや単独公演が続く中、活動を続けていた。

 しかし、8月からスタートしたツアーで平手が再び体調不良に。ライブ中に途中退場したことが、ファンの間で議論を呼んでいる。筆者は先述した『TOKYO IDOL FESTIVAL』のステージで、俯いた真顔の表情を見ていただけに、なおさら平手の体調を憂いた。昨日8月12日、欅坂46が出演した『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017』のライブ写真からは幾分元気な表情が伺えたことで安堵したファンは少なくないだろう(参考:欅坂46クイックレポート(rockin’on))。

 CDリリースやライブ以外にも、握手会やタレント業など多岐に渡るアイドル活動は、精神的にも肉体的にも負担が大きい仕事であることは間違いない。多忙を極めるメンバーたちの疲弊を避けることが難しい反面、健康状態にまで影響を及ぼすことは未然に防がれる必要があるのではないか。アイドルたちがいきいきと輝く姿を応援し続けたいと、アイドルファンとして願ってやまない。

■渡辺彰浩
1988年生まれ。ライター/編集。2017年1月より、リアルサウンド編集部を経て独立。パンが好き。Twitter

「中元日芽香、最上もが……相次ぐ人気メンバーの卒業&脱退 アイドルが輝き続けるために必要なこと」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版