>  >  > 星野源が見せ続ける“多様”な才能

星野源が見せる“多様”な才能 『Family Song』リリース後のメディア出演を振り返る

関連タグ
星野源
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『Family Song』リリースを機に、様々な番組に出演してきた星野源。そんな一連のメディア出演からは、彼の音楽家やタレントとしての顔、さらには素顔までをも垣間見ることができた。

星野源『Family Song』通常盤

 8月20日放送の『Love music』(フジテレビ系)では、MCの森高千里、渡部 建(アンジャッシュ)とともに両親の影響でジャズを聴いていた幼少時代から、自身の音楽遍歴を真摯に振り返っていた。その一方で何がしたいか聞かれると「休みたいです」と発言するなど率直な一面も。

 また8月18日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演した際は「60年代末から70年代始めにかけてのソウルミュージックをモチーフにしている」とMCのタモリに「Family Song」への思いを語りつつ、番組の最後には「声が裏返っても、家帰って1人だと慰めてくれる人いないんですよ」とコメント。こうした言葉からは、星野の茶目っ気や人懐っこさのようなものを感じる。

 そして同日には、プライベートでも仲の良いバカリズムがMCを務める『バズリズム』(日本テレビ)にも出演。マリンバの話題から細野晴臣の「トロピカル三部作」、そして細野のライブへの憧れを語る真面目な部分もあったが、家族についての話題で「寂しい」と現在の心境を明かした星野が、「自然に(したいと)思って結婚に(至れたら)。そうなりたいって、僕の理想ですね」と結婚観について語っていたのが印象的だった。

 星野が出演したのは音楽番組だけではない。8月14日放送の『LIFE!~人生に捧げるコント〜』(NHK総合)ではさとしくん(ムロツヨシ)のちょっと重たい友人・オモえもんに扮してコントを披露。叫びながら押入れから登場するなど、普段よりテンションの高い星野の様子を窺えた。

 さらに8月25日放送の『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)「空耳アワード2017(前編)」には審査員として登場。司会のタモリのほか、松たか子、浦沢直樹、マーティ・フリードマンという錚々たるメンツの中でも、浦沢に「『童貞じゃろ』は1曲作りたいでしょ?」といじられると「童貞専門家みたいに言わないでくださいよ」と笑顔を見せるなど、存分に自身のキャラクターを発揮していた。

 ジャンル問わず様々なテレビ番組に出演していた星野だが、自身のラジオ番組『星野源のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)では音楽家としての一面をしっかりと見せていた。8月22日放送回では長岡亮介(Gt)、伊賀航(Ba)、伊藤大地(Dr)、櫻田泰啓(Key)、石橋英子(Key)を迎えて2時間まるまるスタジオライブを行なったり、8月29日放送回では音楽ジャーナリスト・高橋芳朗氏を迎えて『Family Song』のサウンドをじっくり解説したりと、ラジオを通じて音楽面の魅力を伝えていた印象だ。

      

「星野源が見せる“多様”な才能 『Family Song』リリース後のメディア出演を振り返る」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版