>  > Machico×このすばOP曲作家陣特別鼎談

Machico×岡野裕次郎×園田智也『SOL』リリース記念鼎談

Machico×作家陣、新作『SOL』で示した多面性「普段とは違う、“大人っぽさ”も見せたい」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 声優アーティスト・Machicoが、メジャー1stアルバムとなる『SOL』を5月24日にリリースした。デビューから5年目という節目での発売となった本作。Machicoにとって躍進のきっかけとなった『この素晴らしい世界に祝福を!』(TOKYO MXほか)のオープニングテーマを筆頭に、アニメタイアップ曲も多数収録されている。

 “とにかく元気いっぱい!”というイメージが強いMachicoだが、このアルバムには多種多様な表情の楽曲がそろっていて、彼女の新たな側面も垣間見えるのではないだろうか。今回、Machicoのほかに『このすば』1期OPテーマ「fantastic dreamer」の作詞・作曲を担当した園田智也、2期OPテーマ「TOMORROW」の作曲を担当した岡野裕次郎の2名を迎えてインタビュー。アルバムの制作秘話のほか、クリエイターから見た“アーティスト・Machico”の魅力についても、たっぷりと語ってもらった。(まにょ)※インタビュー最終ページにはチェキプレゼントも!

「こんなに強い歌声のシンガーはそうそういない」(園田)

Machico×作家陣、新作『SOL』で示した多面性「普段とは違う、大人っぽさも見せたい」の画像1左から岡野裕次郎、Machico、園田智也

ーーデビューから5年目という節目でのメジャー1stアルバムリリースとなりましたが、まずは現在の心境を教えてください。

Machico:デビューしてから5年間、インディーズの時から様々なタイプの曲を歌わせていただいてたので、その経験を十分に活かせる1枚にできたらなという想いを込めました。第一歩のアルバムでありながら、勝負のアルバムでもありますね。

ーーインディーズ盤と比べて、何か変化などはありましたか?

Machico:気持ち的な変化はあんまりなかったですね。ひとつのジャンルに捉われることなく、多種多様な音楽が好きなので、私としてはずっと一貫して多面性を表現したいと思って取り組んできたのですが、その気持ちがもっと強くなったとは思っています。インディーズの時から歌ってきたカバーやオリジナルソングのほかにも、声優としてキャラクターソングも歌わせていただいているので、表現の引き出しが増えたという部分では成長できたかと思います。

園田智也(以下、園田):今回のアルバムは、より音楽的になりましたよね。インディーズの時はどちらかっていうとアニソン寄りだったり、ノリのいいライブ受けするような曲が多かったけど、今回のアルバムで音楽の幅が広がったなっていうのはすごく感じました。

Machico:そうですね。私も、最近の声優さんが歌う曲っぽくはないかもって思いました。

園田:「アニソン」っていうカテゴリーではあんまりないのかも。

岡野裕次郎(以下、岡野):うん。どちらかといえば、アーティスト色が強いですよね。

Machico×作家陣、新作『SOL』で示した多面性「普段とは違う、大人っぽさも見せたい」の画像2

 

ーーそんな今回のアルバムですが、全体のコンセプトや、タイトル『SOL』に込めた思いとは?

Machico:これまで、「Machicoちゃんの歌を聴いてたら元気になれるんだ!」って、ファンの方に言っていただけることがとっても多かったんです。だから、そういう方々にもっと元気を与えられるような存在になれたらいいなっていう気持ちを込めて、メジャー1stアルバムはみんなにとって太陽みたいな1枚にしようと思いました。タイトルの『SOL』っていう言葉は“太陽神”という意味なんですけど、“唯一”という意味も含んでいます。ほかにも、“ソウル”と読むことで“soul(魂)”とも重なるし、自分の求めてるイメージとすごく合致しましたね。表向きには「太陽」という意味を込めているんですけど、ふたを開けたらトリプルミーニングなタイトルになりました。

園田:最初、“Song of love”とかの頭文字かと思ったんだよね。でも、ブログを読んだら太陽神って書いてあったからびっくりした。

Machico:確かに、『SOL』って、パッと見ただけではあんまり意味がわからないですよね。だから、どういう意味なのか知りたくなるんじゃないかなとも思ったんです。

ーー岡野さんも園田さんも、Machicoさんとはじめてお仕事をされたのは『このすば』だったんでしょうか?

園田:はい。僕が1期OPの「fantastic dreamer」の時で。

岡野:僕は2期OPの「TOMORROW」ですね。

Machico:本当に、最初はめっちゃ緊張しました……(笑)。「fantastic dreamer」のお話をいただいたのも、実はすごく急なお話だったんですよ。しかもアニメのOPということで、信じられないっていう思いが強くて、ありがたいながらもびっくりしました。

ーー『このすば』は、Machicoさんにとって大きな転機となった作品ですよね。作家陣のおふたりは、Machicoさんの第一印象などはどうでしたか?

岡野:直接会う前から、彼女のことは動画などを見て知っていたんです。歌声がすごく力強いし、聴いていて気持ちがいいので、自分の曲を歌っていただけるということでとても楽しみにしていました。

園田:「fantastic dreamer」に関しては、じつは曲ができた時点では、まだ誰が歌うか決まっていなかったんですよ。それで、ディレクターさんからMachicoさんのプリプロ音源が送られて初めて歌声を聴いて、「彼女ならいける」と思いました。あれはだいぶ難しい曲だったので。

Machico:めっちゃ難しかったです……。

園田:だよね? そんな難しい曲なんだけど、ミックスなどを施してない、生の歌声で送られてきたんですよ。それを聴いた時に、「彼女だったら歌いこなしてくれるだろう」って安心したんです。だから、最初から信頼していましたね。あと、本人がどう思うかはわかりませんが、特にこの時代にこういう声の歌い手って、いそうでいないんですよ。強い声だけど、いわゆるロック的な強さではないわけで。そうした強い声でちゃんと歌えるシンガーさんって、実は今あんまりいないと思うんです。

Machico:選んでいただいたので期待は裏切れないですし、「Machicoに歌ってもらってよかった」って思われるような作品にしなきゃ! と思って、かなり気合は入ってました。

岡野:楽曲以外のことでいえば、僕と彼女は生まれが一緒で広島出身なんですよ。

Machico:そうなんですよ!

岡野:同郷っていうだけで、最初からすごく親近感がありましたね。

「Machico×作家陣、新作『SOL』で示した多面性「普段とは違う、“大人っぽさ”も見せたい」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版