>  > スパドラ ジャン・颯・壮吾が語る“結束力”

SUPER★DRAGONパーソナルインタビュー

SUPER★DRAGON ジャン・颯・壮吾が語る“結束力”「誰かひとりが欠けても、この楽しさは生まれなかった」

関連タグ
EBiDAN
JPOP
ROCK
グループ
ダンス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 超特急やDISH//などを擁するEBiDANから派生し、ダブステップとヘヴィロックをポップ・ミュージックに取り入れたエッジの効いたサウンドと、メンバーがステージを広く使って魅了するフォーメーション・ダンスやアグレッシブなパフォーマンスで人気を集める9人組ダンス&ボーカル・グループ、SUPER★DRAGON。今回は3人ごとに分かれてメンバーそれぞれの個性に迫るインタビューの第三弾。ファイヤードラゴンからジャンと颯、サンダードラゴンから壮吾を迎え、それぞれの興味や好きな音楽、憧れの先輩、そして目指すべき理想のグループ像を語ってもらった。スパドラのムードメーカー、プロ顔負けの知識を持つ電車好き、9人の潤滑油となる仏の心を持つ存在の3人のコンビネーションに注目しつつ、個性豊かな9人が揃って最大の魅力を発揮するこのグループの魅力を感じていただきたい。(杉山仁)

「『スパドラと言えばフォーメーション・ダンスだよね』と思ってもらえるようになりたい」(壮吾)

――そもそもみなさんは小さい頃、どんな子供だったんですか?

颯:僕はサッカーが好きな子供でした。6歳上の兄ちゃんがやっているのを見ているうちに、すごく好きになったんです。

ジャン:颯はめちゃくちゃ詳しいんですよ!

颯:今も大好きで、時間があるときはサッカーをしますし、いつも情報を集めています。小さい頃は有名なチームしか知らなかったので、レアル・マドリードが好きでしたね。今好きなチームは……選べないです(笑)。でも、ドルトムントのサッカーはすごく好きです。

――颯さんは運動が好きな子供だったんですね。それが後にダンスに興味をもつことに繋がっていると思いますか?

ジャン:颯は振りを覚えるのが一番早いし、(足を使った)ステップも得意だよね。そういう部分は繋がっているのかな、と見ていて思います。僕は0歳の頃からモデルをやっていて、物心ついたときから人に写真を撮ってもらうのが好きな子供でした。小学校に入る前から、ランウェイを歩いたり、色んなショーに出てたみたいです。

颯:すげえ(笑)。ジャンが写真を撮られているときのポーズはすごく勉強になります。

壮吾:ポージングがすごく上手いんですよ。

ジャン:小さいときは何も意識していなかったけどね(笑)。派手な格好ができることが多くて、純粋に楽しかったんですよ。

――緊張はしなかったんですか?

ジャン:今もそうで、悪い意味での緊張はしないですね。あと、颯ほどではないですけど、サッカーも好きでした。(アニメ化もされたニンテンドーDS用サッカーRPG)『イナズマイレブン』が大好きで、毎日やっていました。毎年新作が出るのでクリスマスのたびに新作を買ってもらって、それが決まりごとになっていて(笑)。音楽は親が好きだった洋楽を聴いていた程度でしたね。ラップをはじめたのはSUPER★DRAGONになってからですし。

壮吾:僕は……物心ついたときから電車が好きでした(笑)。

_8YT9036_r.jpg

壮吾

――すでにその頃から! 最初のきっかけも覚えていない感じですか?

壮吾:気付いた頃には好きだったので。たぶん、お父さんの出張が多くて、よく新幹線の駅に迎えに行ったりしていたので、それがきっかけで好きになったんだと思います。

ジャン:壮吾はさっきも『鉄道ジャーナル』を読んでいました(笑)。一字一句逃さずに読んでいるみたいなので、新しい号がどんどん出て「読み切れない」と言っていて。愛がとてつもない(笑)。

――壮吾さんは電車のどんなところに惹かれたんでしょうね?

壮吾:言葉にするのは難しいですけど、駅員さんがいて、運転手さんがいて、車掌さんがいて、車両があって……。そのすべてをひっくるめて好きなんです。特に日本の鉄道が好きですね。時間に正確で、安全で、そういうところがかっこいいと思います。

颯:壮吾はライブが終わったあともいち早く片づけをはじめるし、几帳面なところがあるんですよ。

壮吾:片付けもできるだけ「遅延」したくないので(笑)。

ジャン&颯:はははは!

――では、みなさんがダンスや音楽に興味を持ったきっかけは?

ジャン:僕は小学校1年から中学までサッカーをやっていたんですけど、小学校6年生のとき、母親に「他のことも一緒に試してみたら?」と言われて、ダンスを習い始めました。その1年後にEBiDANに入りました。はじめた頃はあんまり乗り気じゃなかったのに、振りを覚えられたときの達成感が楽しくなってきて。あと、親が音楽好きで、洋楽を聴くことも多かったです。ケンドリック・ラマーやリアーナ、ドレイクが好きですね。ブルーノ・マーズも好きで、これは父親との共通点です。

――ブルーノ・マーズを聴いているお父さん、カッコいいですね。

ジャン:家族で出かけることも多くて、そのときも洋楽がかかっていますね。

壮吾:僕もジャンくんと似ていて、小さい頃から家でよく音楽がかかっていたので、椎名林檎さんを聴いて「かっこいいな」と思ったりしました。ダンスはEBiDANに入ってからですね。

颯:僕はおじいちゃんが芸大の教授で、小さい頃、オペラの授業に遊びに行ったのを覚えています。そのあと、いとこがファンだったのがきっかけでEXILEさんの「Someday」を聴いて、色んな音楽を好きになっていきました。FUNKY MONKEY BABYSさんも好きですね。

ジャン:(FUNKY MONKEY BABYSは)颯がカラオケでよく歌っています(笑)。

――颯さんがダンス&ボーカル・グループに憧れるきっかけは、EXILEだったんですか?

颯:そうだと思います。「かっこいいな。自分もああなりたいな」と思ったので。

ジャン:僕はダンスに関しては、(フランスのトップ・ダンサーのひとり)Salahさん。アニメーション・ダンスが得意な人で、音に合わせて頬を動かしたりとか、赤ちゃんの声に合わせて泣き顔のまねをしたりだとか、人を楽しませるダンスができる人なんです。そういう部分に憧れました。ラッパーで憧れたのは、僕とスタイルは違いますけど、SKY-HIさんです。SKY-HIさんはAAAとして活躍している一方で、ソロ活動もしていますよね。僕もスパドラでの活動をしながら、その外側にも出て行ってヒップホップ・シーンの人たちと音楽で繋がっていけたら嬉しいので、すごく尊敬しています。あと、ラップのスキルとしては(アメリカのTVドラマ)『Empire 成功の代償』のハキームが好きです。ラップの雰囲気やスキルは見習っていますね。いつかは英語を学んで、英語でもラップをしてみたいです。

壮吾:僕は決まった人はいないんですけど、ダンスも歌も、とにかくスキルアップしていきたいです。スパドラはフォーメーション・ダンスが特徴だと自負しているので、ダンスをもっと揃えたいし、「スパドラと言えばフォーメーション・ダンスだよね」とみんなに思ってもらえるようになっていきたいです。

_8YT9184_r.jpg

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版