>  > DABO × サイプレス上野、ヘッズ対談

『私たちが熱狂した90年代ジャパニーズヒップホップ』発売記念

DABO × サイプレス上野が語る、ヘッズとして見た90年代ヒップホップシーン

関連タグ
DABO
90年代
B-BOY
DJ
HIPHOP
日本語ラップ
辰巳出版
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リアルサウンド編集部にて制作を手がけた書籍『私たちが熱狂した90年代ジャパニーズヒップホップ』(辰巳出版/リアルサウンド編)が、12月22日に発売された。同書は、ジャパニーズヒップホップが興隆し、日本語ラップやクラブカルチャーが大きく発展した90年代にスポットを当て、シーンに関わった重要人物たち17名の証言をもとに、その熱狂を読み解いたもの。リアルサウンドではこれまで、DJ YANATAKECRAZY-AYOU THE ROCK★K DUB SHINE × DJ MASTERKEYのインタビューの一部を先行公開してきた。書籍の発売を記念して、今回はDABO × サイプレス上野がヘッズ時代について語り合った対談の一部を掲載する。

多感な10代だった二人が、 ヘッズとして目覚めたきっかけ

20161225-daboueno.jpg

左、サイプレス上野。右、DABO。

ーーDABO さんは75年生まれ、サ上さんは80年生まれ。2人がヒップホップにハマったのはいつ頃ですか。

DABO:5個上の姉ちゃんの影響で、マイケル・ジャクソンの「Bad」のビデオを小学生のときに観たのが原体験かな。意味はわからなかったけれど、マイケルの後ろで踊っている集団に惹かれるものがあって。明確に意識し始めたのは、15〜16歳だったから、90~91年ぐらい。きっかけはありがちだけど、テレビで放送されていた『ダンス甲子園』とかの影響でダンスが流行り始めて、自然と「お、やべえ」って。それまではパンクがすごく好きだったけど、モテる気がしねぇってのがあって(笑)。それに対してヒップホップは、ハードコアだけど「モテて何が悪い?」ってノリもあったから、もう好きになるしかねぇって感じだった。

サ上:俺も『ダンス甲子園』とかがきっかけですね。最初は子どもだったんで、やっぱりブレイキングとか見てメロリンQの方にハマってたんですけど、その後に小6くらいでちょうど『SLAM DUNK』やNBA選手のドリームチームが流行って、バスケをしたりするようになったんです。で、それっぽい音楽かけながらやろうと思って、バスケ雑誌の後ろの方に載ってたヒップホップのコンピとか見つけて「これ買えばいいんじゃね?」みたいな感じで、みんなで金出して買って。中学に入ってからは「全米が震撼」みたいなキャッチに超踊らされて、アイスTやNaughty By NatureのCDを買ってました。日本語訳読んで「これは悪い音楽だ!」って、憧れてましたね。

DABO:俺はちょっと言うの恥ずかしいんだけど、音に関してはボビー・ブラウンとかMCハマーから入った(笑)。とにかく情報がなかったから、レンタルCD屋に行って黒人が歌ってたら借りる、みたいなノリだった。だからブラックロックも聞いたし、レゲエも聞いたし、4つ打ちも聞いたし、ヒップホップもポップなやつとハードコアなやつと両方聞いてた。肌黒いやつは全部借りる、みたいな。それっぽいのをヤマ勘で借りるんだけど、だいたいそれほど外れてないんだよ。

サ上:わかります。俺は中2くらい、93〜94年頃からだんだんレコードに興味を持ち始めて、横浜の関内にあるユニオンとかに行くんですけど、面出しされているやつをとりあえず買うみたいな感じで。この意味わかんないジャケットのを買っといたら間違いないだろうと思って、買ったらやっぱり間違ってねえってことに気付いた。

――日本語ラップに出会ったのは?

DABO:ヒップホップに目覚めたときにはすでにMAJOR FORCEがあって、創設時の工藤(昌之)さんとかは知らないんだけど、スチャダラパーと高木完がいたから、普通に日本語も英語も両方チェケる感じ。日本語ラップ聞かない人も当時はすげえ多かったし、DABOも英語でラップやればいいじゃんとか言われたけれど、当時15〜16歳だったから、そこから英語覚えてもネイティヴの人には絶対敵わないじゃん? だから、日本語でやるのが自然だと思った。ボビー・ブラウンの曲の途中にあるラップがカッコよくて、とにかくラッパーになりたかったんだよね。

サ上:俺は最初は、DJをやりたかったんですよね。とりあえずレコード買って、アニキのコンポの上に1台だけあるレコードプレイヤーで聞くの。で、DJがなんかやっていたなと、スクラッチの真似をするけれど、DJ用じゃないから当然うまくいかない(笑)。

DABO:意味ないんだけど、やっちゃうんだよね。

サ上:その頃にはスチャとかも出てきていたけれど、当初は「日本語ラップなんてダセェ」って言い張っていたんですよ。でも、ラジオの『Oh!デカナイト』かなにかでスチャの曲をみんなで聞いたときに「実はこれ、カッコいいんじゃないか?」って急に気持ちが変わって。「今夜はブギー・バック」のPVを見たら、アメ車乗ってるし、雪が残ってる感じも良いし、好きなものが詰め込まれている感じで、この人たちは超かっこいい!ってなりました。そこから一気にハマっていきましたね。あと、雷が覆面で『浅ヤン』に出ていたのも衝撃的だったなぁ。

     
  • 1
  •  

「DABO × サイプレス上野が語る、ヘッズとして見た90年代ヒップホップシーン」のページです。DABO90年代B-BOYDJHIPHOP日本語ラップ辰巳出版の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版