>  >  > 宇多田ヒカル新作、発売初週の推移は?

石井恵梨子のチャート一刀両断!

宇多田ヒカル『Fantôme』、発売初週のセールス推移は? 傑作ポップスはこう広まる

関連タグ
宇多田ヒカル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

参考:2016年9月26日~2016年10月2日週間CDアルバムランキング(2016年10月10日付)(ORICON STYLE)

 来ました! 9月の頂上決戦。CD3枚+DVD1枚からなるフルボリュームのEXILE『EXTREME BEST』と、6年ぶりの復帰、アルバムとしては実に8年半ぶりとなる宇多田ヒカル『Fantôme』。一日違いで発売されたこの2作品が、今月の、いや、今年下半期の音楽シーンの象徴となるでしょう。

 結論を言うと、宇多田の圧勝。『Fantôme』は初週だけで252,581枚! 「まさか」という感想がまったく浮かんでこないのは、彼女のネームバリューはもちろん、深みと艶をいっそう増した歌声とサウンドが現在の日本でのポップス最高峰と思えるものだったから。傑作が傑作らしくドカンと売れるのは気持ちがいいです。もちろんレコード会社側は50万枚くらい、なんとなればミリオンも狙っているでしょうが、決して夢物語ではないでしょう。

 2位のEXILEは178,401枚。1位の数字が凄いので少し霞んで見えますが、これ、そもそも4枚組のベスト盤ですからね。オリジナル・アルバムはすでに保持しているし、ベスト盤もボリュームがありすぎるとなかなか手が出しにくいし、結局聴かない盤があったりする。しかも値段は7,538円と強気です。三代目JSBやE-girlsなど若手TRIBEの台頭が目立ってきた時期において、本家には「ここにEXILEあり!」を見せておきたい意地もあったでしょう。それをしっかり支えるコアファンが18万人弱。複数買えば非売品特典が付いてくる特典商法もあるとはいえ、これもまた、すごい記録だと思います。

 RADWIMPS『君の名は。』が初登場から6週連続で5位圏内をキープするロングセラーになっていること。また今年デビュー29年目のBUCK-TICKが、キャリアの長さをまったく感じさせない新作『アトム 未来派 No.9』で5位にランクインしていること。いくつかトピックはありますが、すいません、今週という今週は宇多田ヒカルに焦点を絞ります。私、先週からずっと、デイリーチャートに張り付いていたのです。

 まず発売日の前日、フラゲ日となる27日に、『Fantôme』は87,088枚も購入されました。宇多田の声を待ちわびていたコアファン、誰より早く新作を聴きたい層が9万人弱ということです。

 そして発売日の28日は49,728枚。発売日にちゃんとレコード屋に寄るのも、いわゆるコアファンと呼ばれる人たちでしょう。同日には米津玄師のシングルも発売されたので、それが目当てで店内に入り「お、ついに宇多田が」と手に取った人も……まぁ多少はいるでしょうか。ただし、米津玄師リスナーと宇多田のファンがそれほど近いとは思えません。宇多田ヒカルのポップスは、テレビやラジオで流れ、老若男女に広く愛でられるもの。つまりはライトリスナーなのです。『Fantôme』のセールス推移を見てみましょう。

      

「宇多田ヒカル『Fantôme』、発売初週のセールス推移は? 傑作ポップスはこう広まる」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版