>  >  > 最新型でんぱ組.incのカタチ

でんぱ組.incの真骨頂! ライブ映像作『GOGO DEMPA TOUR 2016』に見る“絶対的個性”

関連タグ
でんぱ組.inc
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2016年に入ってからのでんぱ組.incは、新たな試みの連続だった。全国ツアー“GOGO DEMPA TOUR 2016”が年明け早々からスタートし、それと並行して3ヶ月連続で配信限定シングル『破!to the Future』『ファンファーレは僕らのために』『STAR☆ットしちゃうぜ春だしね』をリリース。ツアーではそれらの楽曲が発表されるとすぐさま披露し、そのたびにセットリストが変わっていった。そしてツアー終了後の4月27日にはニュー・アルバム『GOGO DEMPA』が待ち構えていて、つまりは通常よくあるアルバム発売→ツアーという流れとは、まったく逆の斬新な展開を見せたのだ。

 今回リリースされたライブ映像作品『GOGO DEMPA TOUR 2016』は、そのツアーの終盤におこなった2つの公演を収録したもの。前述の配信シングル3曲(のちのアルバムにも収録)はすべて収録されており、これが現時点でのでんぱ組.incライブの最新型ということになる。

 改めていうまでもないが、でんぱ組.incの真骨頂であり最大の魅力はライブにある。高速ビートで展開が激変していくカオスな楽曲を、メンバーによるわちゃわちゃした複雑な動きや演技を取り入れた破天荒なダンス・パフォーマンスで見せるステージは、とにかくパワフルでひたすら楽しい。特に本作のメインとなる3月3日のNHKホールは、バラードをほぼ排除したアッパーな曲中心のセットリストで、でんぱ組.inc史上でも最上級に攻撃的なライブとなった。

 いきなり代表曲を連発してブッ飛ばしていく前半、ツアーのテーマでもある“昔話”をメンバーが語るほっこりした紙芝居、春夏秋冬それぞれをテーマにした4曲を連発する“四季コーナー”など、起伏に富んでいて見どころも豊富だ。しかしそれ以上に、このライブは終盤の「NEO JAPONISM」からのクライマックス的な怒濤の流れに尽きる。メンバーが寝転んだり相撲の四股を踏んだりするでんぱ振付の代表格「でんぱれーどJAPAN」、BPM240の超高速ビートに乗せてステージを駆け回る「破!to the Future」、リボンを使ったハイテンションなダンスの「でんでんぱっしょん」など、メンバーが汗だくになって踊り歌いまくり、息つく暇もなくアゲ曲をたたみかけていくのは、圧倒的としかいいようがない。これぞでんぱの底力である。カメラ・ワークも真横からのショットやメンバーのアップを多用し、時にはスピーディーなスイッチングも駆使して、ライブの迫力を臨場感たっぷりに捉えているのも特筆すべきだ。

 アンコールの最後に「STAR☆ットしちゃうぜ春だしね」「ファンファーレは僕らのために」と新曲を連発して終わるのも、新鮮な驚きがあった。「STAR☆ット」は草競馬レース風を取り入れた振付がおもしろいし、「ファンファーレ」は後半にどんどん高揚していく展開がラストにぴったりの曲で、この曲の多幸感にあふれた大団円っぽいフィナーレこそが、最新型でんぱ組.incのカタチといえるだろう。

 また本作には2月17日のZepp Tokyo公演から9曲も収録されており、こちらは5人編成のバンドを従えたいっそうダイナミックなスタンディングのライブ。中でもバンド・メンバー紹介のグルーヴィーな演奏から「でんぱーりーナイト」へと至る流れはとびきりスリリングだし、「あした地球がこなごなになっても」でのえいたそこと成瀬瑛美の生誕を祝うシーンも感動ものだ。

 でんぱ組.incのライブは、こうしたメンバーの独創的なライブ・パフォーマンスと、ファンが繰り出すサイリウムやヲタ芸と、両者のすさまじいエネルギーがぶつかりあい、狂騒と興奮が入り混じった混沌極まりない祝祭空間を作り上げている。彼女たちはまぎれもないアイドル・グループだが、そんなライブの在り方はアイドルという範疇に収まるものではなく、とてもジャンルレスだ。たとえばロックの興奮とダンス・ミュージックの快楽とアニソンの楽しさが混ざったもの、といった方が近いと思うが、かといってそれに置き換えられるわけでもない。彼女たちの出身である秋葉原オタク文化を発祥として、それを自らが育んで現在のようなクラスまで発展させてきた、という独自の進化を遂げたもので、だからでんぱのライブは無類の強さがあるのだ。毎年多く出演しているオールジャンルの夏フェスで常に高い評価を受けているのも、彼女たちがそういった他にはない絶対的な個性をもっているからだと、ぼくは思っている。

 さて、今年の夏のでんぱ組.incはというと、多くのゲストを迎えた対バンツアー“はやぶさかがやきツアー2016”が7月〜8月に開催され、また“ROCK IN JAPAN”“SUMMERSONIC”といった夏フェスにも多数出演する。アルバム『GOGO DEMPA』に収録されたアルバム用新曲のほとんどは、まだライブで披露されていない。それらは彼女たちの“大人の魅力”を垣間見せていた曲なので、この先どこかでは、でんぱのさらなる新たな姿が見られるのではないだろうか。

(文=小山 守)

でんぱ組.inc「GOGO DEMPA TOUR 2016」 LIVE Blu-ray & DVD Trailer
でんぱ組.inc「破! to the Future」LIVE Ver.

■リリース情報
『GOGO DEMPA TOUR 2016』
発売:2016年6月22日
DVD(2枚組) ¥4,980(税抜)
Blu-ray:¥5,980(税抜)
〈収録内容〉
【2016/03/03 NHKホール】
01.アキハバライフ♪
02.バリ3共和国
03.なんてったってシャングリラ
04.W.W.D
05.まもなく、でんぱ組.incが離陸致します♡
06.とんちんかんちん一休さん
07.ちゅるりちゅるりら
08.おつかれサマー!
09.永久ゾンビーナ
10.Dem Dem X’ mas
11.サクラあっぱれーしょん
12.NEO JAPONISM
13.でんぱれーどJAPAN
14.破!to the Future
15.VANDALISM
16.FD2 ~レゾンデートル大冒険~
17.Future Diver
18.でんでんぱっしょん
19.あした地球がこなごなになっても
20.STAR☆ットしちゃうぜ春だしね
21.ファンファーレは僕らのために
【2016/02/17 Zepp Tokyo】
01.W.W.D
02.Dear☆Stageへようこそ♡
03.ブランニューワールド
04.あした地球がこなごなになっても
05.でんぱーりーナイト
06.冬へと走りだすお!
07.破! to the Future
08.Future Diver
09.ファンファーレは僕らのために

■オフィシャルサイト
http://dempagumi.dearstage.com/

「でんぱ組.incの真骨頂! ライブ映像作『GOGO DEMPA TOUR 2016』に見る“絶対的個性”」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版