>  >  > 嵐、9年ぶりアリーナツアーで新次元へ

嵐、9年ぶりのアリーナツアーで“新たな次元”へ ファンへの思いとステージへのこだわりが形に

関連タグ
アイドル
ジャニーズ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2015年末の東京ドーム公演をもってツアーファイナルを迎えた『ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism』で、デビューから17年目にして単独コンサート総動員数1000万人を達成した嵐。2016年も精力的なライブ活動が予定されており、4月からは昨年の『Japonism』の流れを継ぐかのようなタイトルを冠した全国アリーナツアー『ARASHI “Japonism Show” in ALENA』がスタートする。

realsound-arashith_.jpg

(C)タナカケンイチ

 嵐のアリーナツアーは約9年ぶりで、メンバーとしても念願の開催。4月23日・24日サンドーム福井、5月7日・8日広島グリーンアリーナ、7月23日・24日静岡エコパアリーナ、7月30日・31日鹿児島アリーナ、8月6日・7日長野M-WAVE、8月9日・10日横浜アリーナと、最小は鹿児島アリーナの5700人から最大でも長野M-WAVEの18,000人というキャパでの公演となる。壮大な規模で行われたドームツアーとは変わって、ステージと客席の距離も近く、より一体感を味わいながらパフォーマンスを楽しむことができる貴重な公演となりそうだ。

 一方、東京ドームのキャパでさえチケットの申込件数とのバランスが取れていない中、会場を小さくすることで、さらなるチケット不足の問題も発生する。今回はその対策として、長野M-WAVEを除く全公演で、2日間開催のうちいずれか1日を2回公演で実施するという。多忙な日々を過ごすメンバーにとって、1日2回公演は年齢的にも体力的にもハードではあるだろう。ドームのような大規模会場で一度に多くの観客を前にパフォーマンスをするほうが、効率は確実によいはずだ。しかし嵐は、自分達の足でファンへ思いを届けに行くこと、新たなステージを追求し続けることにこだわりを持ち、コンサートを行い続けているのである。
 
 『月刊ソングス』(2月15日発行)の取材で松本潤は、今回のアリーナツアーの開催について「僕らが最近やらせてもらっている嵐らしいライブってのとはまた別で、ショーアップした内容をアリーナで回らせていただけたら、新しい見え方になるかな〜って思って、メンバーと話し合いながら内容を考えてる最中です。今回の『Japonisim』というイズムは残します。だからコンサートというよりはショーに近いものを今のところイメージしてます」と語っていた。日本らしさ、ジャニーズの歴史……今回はどのような『Japonisim』精神が取り入れられ、新たなステージが展開されるのか。演出を担当する松本の頭の中には、すでにさまざまな構想が浮かび上がっているのだろう。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版