>  >  > ミセスとの出会いや魅力を関係者が語る

Mrs. GREEN APPLE『TWELVE』特別企画「ミセスにまつわる12(TWELVE)のメッセージ」前編

Mrs. GREEN APPLEとはどんなバンドなのか? 一足先に彼らにハマった関係者からメッセージ到着

関連タグ
JPOP
ROCK
バンド
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Mrs. GREEN APPLEが、1月13日にメジャー1stフルアルバム『TWELVE』を発表する。リアルサウンドでは、同作リリースを機に「ミセスにまつわる12(TWELVE)のメッセージ」と題した特別企画を掲載していく。前編となる今回は、日頃から彼らの活動を応援する音楽業界7名からのメッセージを掲載。アイドル、ラジオパーソナリティ、ライブハウス、CDショップ、媒体、音楽ライター、レコード会社……Mrs. GREEN APPLEとの出会いや彼らの魅力について、それぞれの視点からコメントいただいた。近しい存在から発せられるその言葉は、Mrs. GREEN APPLEというバンドを「知る」ひとつのきっかけとなるのではないだろうか。(編集部)

1:9nineメンバー 西脇 彩華

メジャーデビューしたてとは思えない度胸!!オーラ!!でも、喋り始めたら同世代だと感じられるのフレッシュさをもった、親しみやすいグループ!音楽にもそんな魅力がたくさんつまっていて、一度聞いたら耳から離れません!
ライブはメンバーそれぞれの個性が際立っていて、一曲目からすっかり虜でした!大好きなバンドです。

2:モデル・ラジオパーソナリティ 菅野 結以

ポップセンスと遊び心とロックスピリット。魅せられずにはいられない3拍子を持ちながら、その成長速度がまた凄まじい。新曲が届くたび楽曲も表現力も歌力もぐんぐん良くなっていくから、この人たち一体どこまでいくんだろう?と、その底知れないポテンシャルに毎度ぶっ飛ばされる想いです。
そして最新アルバム『TWELVE』を聴いて思うのは、今年彼らはきっとひとつあたらしい時代を創るということ。この稀代の若き才能、見逃し厳禁。

3:渋谷CLUB CRAWL 店長 柳内 敦夫

ライブハウスの本分は、次世代のミュージシャンを発掘・育成し、世に送り出すことだと思います。
それをCRAWLから体現したのが彼らです。
僕らは、Mrs. GREEN APPLEの前身、ミュージシャン「大森元貴」から出会い、最初は音の作り方やライブの作り方、mp3とwavの違いなど何も知らなかったから、色々教えて、吸収して、躓いたときには僕らも一緒に悩んで、気づけば素敵なメンバーを見つけてMrs. GREEN APPLEになって、メンバーと切磋琢磨しながら少しずつお客さんも増えていって……。
そんなに日が経っていないのにとても懐かしいです。
今やたくさんの人に愛されるようになりCRAWLの枠を飛び出してしまいましたね。
とても、とても誇らしいです。
今度はミセスを目標にしている子たちも出てきます。そんな後輩たちにも自分たちが先輩たちに良くしてもらったように、面倒みてやってください。
そして、またいつでも帰ってきてください。いつでも待ってます。
マイクの件、ごめんね。

4:タワーレコード渋谷店 3F J-INDIESバイヤー 宇野 文美

メジャー1stフルアルバム『TWELVE』リリースおめでとうございます!!
“なんて突き抜けたロックを鳴らすんだろう……!!”と
初めて聴いた時の衝撃を、いまだに忘れられません。
バンド名のように、ずっと私たちをドキドキさせる、
瑞々しい音楽を聴かせて下さい!これからも応援しています!!

5:スペースシャワーネットワーク 栗花落 崇

子供の頃、ハイチュウ グリーンアップルが大好きだった。
大人になって、新たなグリーンアップルにはまった。
すごく華があってキラキラしてる、フロントマンオーラあるなぁ、
紅一点のドラムもめちゃかっこよくて気持ちいい音、
若いと聞いていたけど、バンドの演奏もめっちゃいい。
2014年の夏、Mrs. GREEN APPLEを最初に見たときそんな事思った。
メロディ、歌詞、歌声、歌、どれもが絶妙にミックスされた、
Mrs. GREEN APPLEの曲、これからもいっぱい食べていきたい!

6:音楽ライター 石角 友香

小学6年生で自らの承認欲求のために曲作りを始めたという大森元貴と、彼の歌=メッセージの(いい意味で)手足として駆動するメンバーが集まったという、バンドとして特異なメカニズムへの驚き。ポップで展開の多い曲構成の理由が「まず聴かれてナンボ」のクレバーさへの驚き。逆にその若さに驚くことはない。何故なら、「この世界が美しくも、醜いこと」に最も心躍り怯えるのは、まさに大森の今の年齢、19歳という季節だろうから。

7:ユニバーサルミュージック EMI Records 居相 恭平

最初にライブを観たのは2013年の結成間もない頃。10人もいないライブハウスで彼らは今と変わらないテンションで一生懸命演奏していた。ロックマジックってやつなのか、彼らのライブ観て涙腺が緩んだのを今でも覚えています。2015年は彼らにとって怒涛の1年でした。今年はもっと怒涛の1年にしてやろうとスタッフ間で企んでます(笑)

(→後編はこちら

【あわせて読みたい】

Mrs. GREEN APPLEの“技あり”な新曲を聴く カラフルなポップセンスと歌心でシーンに挑む
Mrs. GREEN APPLE、人気の秘訣は仲の良さと結束力? メンバー自身によるメンバー紹介を実施

Mrs. GREEN APPLE/1st AL『TWELVE』ダイジェスト映像(リメイク版)

Mrs. GREEN APPLE「Speaking」

■リリース情報
1st Full Album『TWELVE』
発売日:2016年1月13日(水)
価格:初回盤(CD+DVD)¥3,500+税
通常盤(CD)¥2,800+税

<収録曲>
01. 愛情と矛先
02. Speaking
03. パブリック
04. 藍
05. キコリ時計
06. 私
07. No.7
08. ミスカサズ
09. SimPle
10. InTerLuDe ~白い朝~
11. Hug
12. HeLLo
13. 庶幾の唄

<初回盤DVD収録内容>
「ここでしか見ることの出来ない」120分に及ぶ12の映像を収録

■ツアー情報
『Mrs. GREEN APPLE TWELVE TOUR 〜春宵一刻とモノテトラ〜』
3月1日(火)千葉LOOK Open18:30/Start19:00
3月3日(木)HEAVEN'S ROCK 宇都宮VJ-2 Open18:30/Start19:00
3月4日(金)仙台MACANA Open18:30/Start19:00
3月6日(日)札幌COLONY Open17:30/Start18:00
3月10日(木)横浜BAYSIS Open18:30/Start19:00
3月11日(金)浜松FORCE Open18:30/Start19:00
3月14日(月)金沢vanvanV4 Open18:30/Start19:00
3月15日(火)新潟GOLDENPIGS BLACK STAGE Open18:30/Start19:00
3月18日(金)高松DIME Open18:30/Start19:00
3月20日(日)福岡DRUM SON Open17:30/Start18:00
3月21日(祝月)広島CAVE-BE Open17:30/Start18:00
3月28日(月)梅田CLUB QUATTRO Open18:00/Start19:00
3月31日(木)名古屋CLUB QUATTRO Open18:00/Start19:00
4月10日(日)赤坂BLITZ Open17:30/Start18:30

チケット価格:前売¥3,500(+1Drink)
チケット一般発売日:2016年1月30日(土)10:00~
e+/ローソンチケット/チケットぴあで販売

Mrs. GREEN APPLEオフィシャルサイト

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版