>  >  > サカナクション、展示『Aoi-碧-』体験レポ

『8K×3D×22.2ch立体音響「Aoi -碧- サカナクション」』に行ってきた

サカナクションがクリエイターと共に作り出した新しい音楽体験ーー展示『Aoi −碧− 』レポート

関連タグ
サカナクション
JPOP
JROCK
バンド
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 渋谷ヒカリエ ホールBで11月12日、13日、NHKメディアテクノロジー主催の展示会『2015 MEDIA TECHNOLOGY!』が開催された。その中の特別展示として上映されたのが『8K×3D×22.2ch立体音響「Aoi -碧- サカナクション」』だ。

 会場ではパッシブ3Dメガネが渡され、会場の一角にある8K3D、22.2chのシアタールームへと通された。3人がけの長椅子が何列かに渡って並び、前面には8Kスーパーハイビジョンの250型スクリーン、周囲を22.2ch、24台のスピーカーが取り囲んでいた。

20151124-sakana3.png

 映像が始まると、上下・前後・左右といったあらゆる角度から音が聞こえ、反響し、音が移動していく感覚を体験することができた。グリーンのレーザーが縦横無尽に飛び交い、海中の様子や、東京の街並みの映像を映し出していく。スクリーンの手前には、3D映像でサカナクションのメンバーが目の前に現れる。縦・横それぞれハイビジョンテレビ(200万画素)の密度4倍、全画素数は16倍の3300万画素という8K映像は、映画館の3D映像と比べても遥かに高解像度であり、実際にメンバーがいるのではないかと錯覚するほどだ。映像はそのままサカナクションの「Aoi」ライブ映像へ。3D映像で体感するアリーナ会場でのライブの様子は、今までに体験したことのないような臨場感ある映像であった。

20151124-sakana2.png

 同展示においては、NHKスペシャル『NEXT WORLD 私たちの未来』の制作に関わったNHKエンタープライズが演出を担当。映像のアートディレクションに木村浩康(Rhizomatiks Design)、レーザー照明演出に女性レーザー・アーティストのMIUが参加している。

 2015年、サカナクションは、様々な角度から新たな取り組みを始めている。NHKスペシャル『NEXT WORLD 私たちの未来』のオープニングとして“三十年後の未来のライブ”という設定でサカナクションが演奏した「NEXT WORLD LIVE」では、真鍋大度(Rhizomatiks)がテクニカルディレクションを担当し、衣装をファッションブランドANREALAGEのデザイナー森永邦彦、スタイリングを三田真一が担当した。その後、ANREALAGEの2016 S/Sパリコレクションのショーにサウンドディレクションとしてサカナクション・山口一郎が参加することになる。山口は、現地でバイノーラル音源を駆使したステージを作り上げた。ファッションショーと連動した、音楽とファッションの融合に、終演後の拍手は鳴り止まず、大きな反響を呼んだ。

20151124-sakana1.png

 サカナクションは、オーガナイズ・パーティー『NF』を開催、自主レーベル<NF Records>を立ち上げる。通常の音楽制作・販売だけにとどまらず、音楽、ファッション、アートといったカルチャー全般を融合した新しい音楽表現のあり方を追求する発信地を作りたいという思いから設立された。『NF』には、真鍋を始め、三田、森永、ミュージシャンのAOKI takamasaも協力している。

 山口は『SWITCH』(NOV.2015 VOL.33)の中で「音楽に関わる音楽以外の分野の人たちと一緒に、新しい形の『音楽』を構築できたら、ということは以前から思っていた」と発言している。山口にとっては、クリエイターとの関わり合いまで含め「音楽」なのだ。山口が、考える音楽をより色濃くリスナーに伝えるために、イベント『NF』を始めたともコメントしている。ほかにもサカナクションは映画『バクマン。』の主題歌と劇伴、池袋サンシャインシティにあるコニカミノルプラネタリウムにて『サカナクション グッドナイト・プラネタリウム』が上映されることも決定している(2015年12月から約10ヵ月間)。映画×音楽、プラネタリウム×音楽……サカナクションは様々なクリエイター、カルチャーとのクロスオーバーを生み出し、“サカナクション”という新たなシーンを生み出す起点になっている。

20151124-sakana.png

 『8K×3D×22.2ch立体音響「Aoi -碧- サカナクション」』は、映像、サウンド、演出すべてにおいてサカナクションの「音楽」を体感することができた。また、この最新鋭のメディアテクノロジーは、ライブ映像作品や、ライブビューイングなどにも応用することができるのではないかと感じた。サカナクションが、この先どんな「音楽をめぐる新たな体験」を生み出していくのか、楽しみでならない。

(文=渡辺彰浩/写真=NHKメディアテクノロジー、NHKエンタープライズ)

サカナクション Official Site
http://sakanaction.jp/
NHKメディアテクノロジー
http://www.nhk-mt.co.jp/
NHKエンタープライズ
https://www.nhk-ep.co.jp/

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版