>  > 秋元×小室×浦沢、音楽人生を語る

秋元康、小室哲哉と浦沢直樹に独自の“締め切り”論展開 「一応暫定的なものだと思ってる」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 3人がこれからについて話し始めると、小室は「僕は元々洋楽からなんで、世界に出たかった。外国の人がお客さんで僕を見てるってすごいなって思って。いつかそういうのに立ちたいなって思ってたんだけど、今更この年齢でワールドワイドなツアーとかは無理かなって諦めてるから」と話すと、秋元は「諦めなくていいんじゃないの?」とエール。これに対し、小室が「それこそ秋元ちゃんはないの?」と質問すると、秋元は「俺はないんだよね。何か探さなきゃっていう。俺が探していたものってなんだろうって。まだモヤモヤしたものがあるんだよね」と自身について語った。

 その後、秋元は自身のターニングポイントについて「美空ひばりが詞を褒めてくれたこと」とコメントすると、小室は「My Revolutionが出来たこと」とこれに続いた。小室は「こうやって話させてもらったりしてるのも、事件とかでご迷惑かけたりしてるのもあったからね」と自身が起こした事件について語ると、秋元は「小室哲哉は天才だからね。事件のあとすぐに連絡して、会って、(音楽活動)やんなきゃダメだ、って言って」と当時のエピソードを明かし、小室は「今、音楽が楽しいからね。仕事は仕事でも趣味に戻ってるところもある」と、現状の充実ぶりを話した。

 エンドトークでは、小室が「3人でバンドやんない?」と提案すると、秋元も「いいよ」と話し、小室は「(浦沢に向かって)リードボーカルだね。僕は声ダメでアンチ多いから」と語ると、浦沢は「でも、小室さんが弾いたら大体枠組み出来てくるんじゃない?」と返答。小室はこれに対し「僕はキーボードじゃなくてギターかベース」と述べ、浦沢は「……しょっぽいバンドだぜ(笑)」と返し、笑いが起こった。続けて秋元が「俺はリコーダー?」と質問すると、小室は「座り(ドラム)がいいんじゃない?」と提案し、秋元は「俺だけ手拍子合わなくなってくるからな」と自身のリズム感のなさを語った。

 最後に秋元は「でも、格好いいと思うよ。これでオリコンとかビルボードでバンといったら」と妄想すると、浦沢は「AKU(秋元、小室、浦沢)ですね(笑)」とコメントし、秋元は「でも、誰が聴くんだろう。俺たちの音楽を(笑)」と笑いながら自虐。これに対し、小室は「AKB48のメンバーは先生の音楽だったら買うんじゃない?」とキツい返しをし、3人が笑いあったところで番組が終了した。

 有名音楽家と有名漫画家、有名プロデューサーの3人がキャリアの裏側を明かした今回の放送。果たして3人のバンドは結成されるのか、期待を寄せたい。

(文=向原康太)

      

「秋元康、小室哲哉と浦沢直樹に独自の“締め切り”論展開 「一応暫定的なものだと思ってる」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版