>  > 乃木坂46・伊藤万理華&中元日芽香が語る“グループの勢い”

12thシングル『太陽ノック』インタビュー

乃木坂46・伊藤万理華と中元日芽香が語る“グループの勢い”とは?「個々の輝きが去年とは全然違う」

関連タグ
乃木坂46
AKB48
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「それぞれの場所でやっぱり乃木坂46って良いグループだなって思ってもらいたい」(中元)

20150808-nogizaka9.jpg「ひめたんびーむ」を出す中元日芽香。

――今年は個人の活動も多くなり、昨年よりも拡大した『真夏の全国ツアー』などグループ全体の活動も規模が大きくなっています。グループ全体としてはどんなことを目指していきたいですか?

中元:メンバー個々の輝きが去年とは全然違うものだし、それをグループに持ち帰るまでが個人の仕事だと思います。今年はドキュメンタリー映画やドラマ『初森ベマーズ』などたくさんの方の目に触れる場に出ていくことも多いし、ツアーもおかげさまで規模が大きくなっています。それぞれの場所でやっぱり乃木坂46って良いグループだなって思ってもらいたいですし、なるべく早く上に駆け上がりたいので、与えられたステージを全部成功させてまだまだ勢いをつけていきたいですね。

伊藤:メンバーも今、乃木坂46に勢いが来ているという意識がすごくあるんです。今までそういう意識を全員がしたことってなかったと思うので、それはすごくいいことですね。みんなが自信をつけて、もっといろいろなことに挑戦したいって思えるのもそうだし、乃木坂46はいろいろできるんだって思ってもらえるのが一番だし。アイドルとして、グループとしてもっと上に行きたいなと思います。もともと乃木坂46が始まったのは「AKB48の公式ライバル」だから、AKB48との違いを見せて乃木坂46というものをもっと確立したいし。乃木坂46はこういうものだ、というのを一般の方の目から見てもわかるくらいにはなりたいです。これから鳥居坂46も始まりますし。

――鳥居坂46はまだ詳細が見えていない段階ですが、「乃木坂46の三期生」ではないので単純に後輩ということでもないのかもしれません。

伊藤:鳥居坂46というグループがどうなるかまったくわからない状況ですよね。でも、それもプラスにしていかないと意味がない。何のためにこのグループを作ったかといえば、上に上がるためでしかないから。

中元:今の乃木坂46の勢いがあるから、次のグループを作っても大丈夫だろうって思ってくださって募集をかけたんだと思うし。女の子たちが「乃木坂46みたいになりたい」とか、「乃木坂46なんかに負けてられるかよ」と思ってもらえるから募集が成り立つんだろうと考えると、いままでの活動は間違ってなかったんだなって思うし、もっと頑張んなきゃって。

伊藤:新しいグループができることで、私たちももっと高みにいかなきゃいけない。個人個人が、手が届かないくらいの存在にならないといけないなと思うので。そのためには個人としてももっと積極的に外に出て、いろんな人に出会って、吸収して、持って帰る。

中元:私たちが発足した時のAKB48さんみたいに、鳥居坂ちゃんにとっての乃木坂はそれくらいの存在でいたいです。

――「鳥居坂ちゃん」という言葉が自然に出てきましたね(笑)。

伊藤:なんか今の新鮮だったけど(笑)、でもそうなるよね。……4年間やってきて、先がどうなるかわからないようなこともあったけど、それでも乗り越えられたから、きっともう何があっても大丈夫だなって思えます。だから、ちゃんと構えて、全員が自信を持って乃木坂46を背負えるくらいになりたい。

20150808-nogizaka8.jpg中元日芽香(左)と伊藤万理華(右)。

――個々人としても大きくなっていく中で、伊藤さん自身、中元さん自身の目標も見えてきていますか?

伊藤:私は今、たとえば『MdN』の連載ではいろんなクリエイターさんとお話しするんですけど、そこで終わらせないようにはしたいですね。人との出会いが本当にいろいろなかたちでお仕事につながったりするので、たとえば出会ったクリエイターさんと一緒にお仕事ができたらいいなというのもありますし。もし、できたら乃木坂46のグッズのデザインをやってみたりとか、……まあCDジャケットのデザインは難しいかもしれないけど(笑)。デザインも頼られるくらいに学習して、表現できる場を作っていきたいです。それと同時に映像の中で表現することはすごく好きだし、お芝居の面も今後はもっと見せていきたいですね。

中元:グループの中では、「この人がいないとダメ」という存在になりたいんです。何より今、このグループがすごく好きで、このグループにいることが幸せだしやりがいを感じているので。もっと自分磨きだったり、そうなるためにやらなきゃいけないことはいっぱいあるんですけど。個人としては、声を使ったお仕事をもっとしたいです。ナレーションや声優のお仕事、ラジオのお仕事などがもっとできたらいいなと思います。そのためにもいろんな作品に触れるのは大事だし、もちろん技術の面でもやらなきゃいけないことはたくさんありますね。

(取材・文=香月孝史/写真=笹森健一)

次ページ:フォトギャラリー

■リリース情報
乃木坂46 12thシングル『太陽ノック』
発売:2015年7月22日(水)
価格:初回生産限定盤A ¥1528+tax
   初回生産限定盤B ¥1528+tax
   初回生産限定盤C ¥1528+tax
   通常盤 ¥972+tax
   セブンイレブン限定盤 ¥1528+tax

■ライブ情報
『真夏の全国ツアー2015』

8月8日(土)・9日(日)日本ガイシホール
8月15日(土)・16日(日)広島サンプラザホール
8月22日(土)・23日(日)福岡国際センター
8月25日(火)・26日(水)大阪城ホール
8月30日(日)・31日(月)明治神宮野球場

Official Web 乃木坂46:http://www.nogizaka46.com/

「乃木坂46・伊藤万理華と中元日芽香が語る“グループの勢い”とは?「個々の輝きが去年とは全然違う」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版