>  >  > 「ABC Dream CUP 2015 LOVE」レポ

4万人が完全燃焼! Acid Black Cherry「ABC Dream CUP 2015 LOVE」幕張公演レポート

関連タグ
Acid Black Cherry
J-POP
ROCK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
150802_a_1.jpg

 Acid Black Cherryの“4年に一度の大感謝”イベントである「ABC Dream CUP 2015 LOVE」が7月25日、千葉/幕張海浜公演内特設会場にて行われた。

 Acid Black Cherry(通称ABC)は、2007年に始動したJanne Da Arcのボーカルyasuのソロプロジェクト。「ABC Dream CUP 2015 LOVE」は愛知、千葉、大阪の3会場で延べ8万人が招待される大規模フリーライブ企画であり、一般開放エリアを含めると合計10万人が来場し、フリーライブとしての国内最多動員を記録した。千葉/幕張会場で行われたこの日はなんと35度の猛暑日。yasuの言葉を借りれば「丸焼けになりそう」な日差しの中、4万人を熱狂させるパフォーマンスを見せてくれた。

 「幕張—!ぶっ飛ばして行くよー!」というyasuの声で始まったこの日の一曲目は「黒い太陽」。間髪入れずに「罪と罰〜神様のアリバイ〜」が披露され、すでに真っ赤な顔をしたオーディエンスから熱気が立ち上る。「夏の野外はどうやっても汗をかくんで、みんなキレイでいようと思ったらアカンで!みんなまとめてオレが汚したるから!」というyasuのMCには、悲鳴にも似た歓声が上がった。この幕張会場は全長440メートルにも渡る縦長な会場だったこともあり、少しの時差とともにオーディエンスの声は怒号のようにステージに押し寄せる。

 そして今年2月にリリースされた、波乱の人生を送った一人の女性の一生に焦点を充てたコンセプトアルバム『L—エル—』から披露された「versus G」では、「飛べよ幕張!」というyasuの声とともに一斉にオーディエンスがジャンプ。「sins」ではうって変わってシリアスでドラマティックな世界へ会場を連れていく。中盤では「眠り姫」や「イエス」といったミディアムナンバーを、yasuが伸びのあるボーカルで聴かせてくれた。

150802_a_2.jpg

 ABCは前述のようにyasuのソロプロジェクトで、レコーディングやライブでは様々なサポートメンバーが参加している。この日のサポートメンバーはYUKI(Gt/from DUSTAR-3 / Rayflower)、HIRO(Gt/from Libraian、La’cryma Chisti)、SHUSE(Ba/from †яi¢к、La’cryma Chisti)、淳士(Dr/from.SIAM SHADE、BULL ZEICHEN 88)という、90〜00年代のビジュアル系黄金期を支え、今も現役で活動する実力派ミュージシャン達。yasuとサポートメンバーたちはステージ狭しと動き回り、花道を駆けていく。MCでも5人のチームワークの良さが発揮され、Twitterで募集した質問に全員で答えていくなど、軽快なトークが激しいライブと暑さでヘバリそうなオーディエンスを和ませた。

 ライブ後半戦もオーディエンスとステージはますます熱を帯びていく。「ちょっとまだみんな顔汚し足りないんじゃないかなと思ってー!」とyasuが煽り、激しいヘドバンが続く怒濤の展開に。「黒猫〜Adult Black Cat~」ではyasuがフロートに乗り、会場後方にまで廻る演出も。「ピストル」「SPEEL MAGIC」とキラーチューンが立て続けに披露され、会場のボルテージも最高潮のうちに本編は終了した。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版