>  >  > NEWS「チュムチュム」の音楽的仕掛け

柴 那典のチャート一刀両断!

NEWS、“攻め”の新シングルでチャート1位に その驚きの音楽的仕掛けとは?

関連タグ
NEWS
アイドル
ジャニーズ
チャート
柴那典
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20140116-newsth_.jpg

NEWSの小山慶一郎

参考:2015年06月22日~2015年06月28日のCDシングル週間ランキング(2015年07月06日付)

 今週のオリコンシングルランキングは、1位にNEWS『チュムチュム』、2位にAAA『Flavor of kiss』、3位にQUARTET NIGHT『エボリューション・イブ』、4位にMONOEYES『My Instant Song E.P.』、5位にアルスマグナ『夏にキスしていいですか?』という並びとなった。

 最近では、CDの売上枚数にダウンロード数やエアプレイ数、YouTube再生数などを加えた複合チャートの「Billboard Japan Hot 100」のほうがヒットチャート本来の役目である「流行っている曲を明確に示す指標」になっていると思うのだけれど、こちらの7月6日付けチャートでもやはり1位はNEWS『チュムチュム』となっている。

参考:Billboard Japan Hot 100

(ちなみにこちらは、1位にNEWS『チュムチュム』、2位にShiggy Jr.『サマータイムラブ』、3位にQUARTET NIGHT『エボリューション・イブ』、4位にカーリー・レイ・ジェプセン『アイ・リアリー・ライク・ユー』、5位に星野源『SUN』という並びだ)

 オリコンでは28位のShiggy Jr.『サマータイムラブ』がビルボードでは2位となっている件も非常に興味深いのだが、今回の記事ではやはり圧倒的なセールスでどちらのチャートでも1位となったNEWS『チュムチュム』について分析していこう。

 というのも、この曲、かなりすごいことになっているのである。相当攻めてるし、かなりおもしろい。そして実は練りに練られた音楽的な技巧が込められている。

 『チュムチュム』のコンセプトはずばり「インド」だ。曲名の「チュム」はヒンディー語で「キス」の意味。サビでは「♪チュムチュムINDIA」「♪チュムチュムしたいんだ」と歌う。MVでのメンバー4人の衣装も、ターバンを巻くなどインド王侯貴族をイメージしたビジュアルになっている。テレビで初披露された時からファンの間で「予想以上にインド」と混乱と称賛を巻き起こした一曲だ。

 この曲が「攻めてる」のは、まずはイントロ。いきなり変拍子から始まるのでる。6/8拍子と4拍子が混ざり合った複合拍子に乗せて、「♪エイヤーエイヤーエイヤーアアア〜」というエスニックな旋律のユニゾンから始まる。

 タブラやシタールなど北インドの楽器を配したAメロで使われているのが、「バイラヴ・タート」というインド音階の一種。楽器のフレーズだけでなく、歌の旋律も「C-D♭-E-F-G-A♭-B」というスケール(キーはB)にのっとったメロディになっている。つまり、音色やサウンド感だけでなく、楽曲の構造もインド音楽の構造にのっとったものになっているのがこのパートだ。そして4人が代わる代わる「♪ナーチャーク チャーム チッチッア ガツナー」などと意味不明なことを歌う(おそらく「夏がアッチッチ 無茶苦茶な」を逆から読んだ歌詞)。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版