>  >  > B'z、売上げチャートで手堅く1位に

さやわかのチャート一刀両断!

B'z、大御所らしいシングルでチャート1位に その手堅い手法と音楽性を読む

関連タグ
AKB48
B'z
J-POP
さやわか
アイドル
ジャニーズ
チャート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

参考:2015年6月8日~2015年6月14日のCDアルバム週間ランキング(2015年6月22日付)(ORICON STYLE)

 今週は、いろいろとバラエティ感のある週となりました。しかしそれもやはり何と言っても1位にB'zがいるせいでしょうか。アイドルグループでもなく、いわゆるポップスでもない。大御所の中でもバンドサウンドをやっているものが上位にいると、それだけでちょっと違う気分になるというのもどうかと思いますが。

 ちなみに2位はAKB48のまゆゆさんでして、超絶不調だったドラマ『戦う!書店ガール』の主題歌となっております。ドラマのほうはネットで実際に書店員として働いていらっしゃる方々からわりと偏執的なツッコミを入れられていてインターネットってなんか怖いとこですねえという感じでしたが、主題歌のほうは全く何のイヤミもなく数字が出るものでして、4.8万枚。渡辺麻友のシングルとしてはもっともよくない成績となりました。

 ドラマ不評のせいだという向きもあるかと思いますが、そもそも渡辺さんは2012年のファーストシングル12万枚を頂点として、売り上げを落とし続けている歌い手なわけでして、前回の2013年のシングルが6.7万枚だった時点でムードとしては「もう……いいよね」というところだったわけです。今回、連続ドラマ初主演という後押しもあったからか、1年半以上のブランクを経て主題歌も出してみたらこの結果でした。

 しかし、そういう渡辺さんの状況は1位のB'zさんからすれば好材料なわけです。B'zといえば、輝かしいシングル連続1位という記録を成し遂げてきた巨星。それは、他に強力なライバルがいない週にシングルを出すという戦略にも支えられてきました。そもそも「シングル連続1位」みたいな記録をインパクトあるものとして印象づけることをやり始めたのもB'zが最初だったように思います。ということは、思えば大御所アーティストのベスト盤攻勢しかり、B'zさんというのは日本の音楽ビジネスに「え、そんな売り方やるんですか」と周囲を驚かせるような革新を起こし続けてきた偉大な存在なのです。まあ最近はやたらとシングルを立て続けに出して売り上げもじゃんじゃん稼いじゃうアイドルがいるせいで、B'zさんの連続1位記録は抜かれてしまいましたけれども。まさかB'zチームとしても、そんなセコいやり方でこの輝かしい記録が世に埋没させられるとは思ってもみなかったことでしょう。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版