>  >  > 乃木坂西野、新番組で動物好きアピール

乃木坂46西野七瀬、新番組で動物好きをアピール バナナマン設楽「そういう番組からオファー来るかもね」

関連タグ
乃木坂46
JPOP
アイドル
乃木坂工事中

 乃木坂46の新たな冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京)が4月20日よりスタート。初回放送では、西野七瀬をフィーチャーした企画「ななせまると愉快な仲間たち」がオンエアされた。

 同番組は、同じ時間帯で放送されていた『乃木坂って、どこ?』(テレビ東京)のMCであったバナナマンが継続して進行を務め、毎回一人のメンバーにスポットを当て、その人がやりたい番組を作るというもの。今回は動物好きの西野が「動物と触れ合って真の性質を学びたい」を作りたいということで、東武動物公園にてロケを敢行。アシスタントには動物好き芸人のアンタッチャブル・柴田英嗣が同行した。

 まず西野と柴田はアルパカのコーナーへ行ってエサやりを体験すると、続いてはアフリカゾウのコーナーへ。西野はアフリカゾウの鼻がどこまで発達しているか検証すべく、豆腐やパスタを崩したり折ったりせずに食べれるかを実験。西野はパスタをなかなか取れないアフリカゾウの姿に大爆笑し、柴田から「最近の20歳はわからん」と吐き捨てられた。その後、西野は得意な絵を活かすべく、オリジナルの動物図鑑を作るために3つの特徴とイラストでアフリカゾウを表現。続けてホワイトタイガーのエサやりや赤ちゃんとのふれあいを体験し、特徴を捉えた絵を描いてみせ、同コーナーは終了した。

 VTRが終わり、スタジオへ場面は転換。MCのバナナマン設楽統と日村勇紀が番組タイトルをコールすると、この場で初めてタイトルを知ったメンバーは困惑。秋元真夏は「全然嬉しくない! 誰が決めたんですか?」と憤慨するが、設楽は「秋元(康)先生です」と反撃し、秋元は咄嗟に謝罪した。その後、西野のVTRについて設楽は「『エサを取れないゾウを見てへらへら笑う』という西野のサド的な要素がすごい出てた」と指摘。日村は「お笑いっぽくしたいの?」と企画の方向性について尋ねると、西野は『天才! 志村どうぶつ園』のような番組にしたいと回答。これに対し、設楽は「今回動物好きってアピールしたらそういう方向からオファーが来るかもね」と、番組によってメンバ-に新たな活躍の場が与えられるかもしれない可能性を示唆した。

 続いてフィーチャーしたメンバーについて、他メンバーがタレコミを行った「メンバーは見ていた!」のコーナーへ。まずは秋元から「少しでも時間が空くとささくれを剥く」という情報が提供され、西野は「溜めて育ちそうやからあとにしようとか。思ったより深くいったときは痛いです」と自身の癖を明かした。2つ目に寄せられた若月佑美からの「爪がめちゃくちゃ短い」というタレコミに、西野は「白いところを全部切りたくて」と語ると、松井玲奈は「缶ジュースとか開けれなくない?」とツッコんだ。これに対し、高山一実が「乃木坂はジェルネイル禁止なんです」と補足すると、日村「かわいそう。俺でも週末はネイルするのに!」とボケ、スタジオのメンバーを和ませた。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版