>  >  > タッキー&翼、なぜ後輩からリスペクト?

タッキー&翼、なぜ後輩からリスペクトされる? ストイックなコンビの姿勢に迫る

関連タグ
タッキー&翼
アイドル
ジャニーズ
佐藤結衣
松下博夫
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 タッキー&翼の新曲「ユメイログラフィティ」が、テレビ東京などで放送中のアニメ『FAIRY TAIL』の新オープニングテーマとして4月度よりオンエアされる。また3月25日には8年ぶりとなるビデオクリップ集『タキツバCLIPS Two』が発売されるなど、タッキー&翼としての活動が目立ち始めている。同作には、新録映像として滝沢秀明が監督、今井翼が衣装プロデュースを手がけた「ギラメラ」のPVが収められており、コンビとしての活動を心待ちにしていたファンにとっては嬉しい内容だろう。

 メンバーの今井翼は2014年10月に大阪松竹座で公演していた舞台『GOEMON 石川五右衛門』の千穐楽後、メニエール病であることが判明し、11月より都内の病院に検査入院、活動休止を余儀なくされた。2014年12月に行われた『Two Tops Treasure Tackey&Tsubasa Tour 2014』では、今井の復帰は叶わず、滝沢がひとりでコンサートを敢行。その後、12月18日の『今井翼のto base』でラジオ復帰し、12月31日のジャニーズカウントダウンライブでステージ復帰を果たした。

 今回、ふたりがコンビとしての危機を乗り越えたことは、ジャニーズの他のメンバーにとっても意義のあるものだったという。ジャニーズの動向に詳しい芸能ライターの佐藤結衣氏は、その理由を次のように語る。

「2014年末のコンサートでは、残念ながら翼さんはステージに立つことができませんでしたが、それでもファンや仲間たちにとって印象深いステージだったはずです。滝沢さんは、あくまで“タッキー&翼”としてステージに立つことにこだわり、一人にも関わらず、まるでシンメトリーに翼さんがいるように、センターから少し離れたところで歌いました。彼らは普段、不仲というわけではないのですが、たがいに自立した性格であまりベタベタとするタイプではありません。だからこそ、いざという時に見せたふたりの絆は、より一層人々の心を打ちました。また、歌番組に出演する際などは、彼らを慕う後輩が代わりにステージに立つなどして、その活動を支えることもありました。今回、今井さんが病気になってしまったのは大変でしたが、メンバーがピンチなときにジャニーズとしてどう切り抜けるか、その良い手本を示すことができたのではないかと思います。ふたりがジャニーズ事務所にとって規範となる存在であることを、改めて認識しました」

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版