タッキー&翼が“タキツバ全開”の新アルバムで見せる、舞台的エンターテイメントとは?

takitsuba2shot.jpg

 

 タッキー&翼の最新アルバム『Two Tops Treasure』が12月3日に発売された。ユニット名と揃えて全て頭文字が“T”になるアルバムタイトルはジャニー喜多川氏の発案という秘話が、滝沢秀明のラジオで明かされている。

 “タキツバエンターテインメント”と称される今作は、まさに彼らがこれまで培ってきた音楽性が全て注ぎ込まれた渾身の1枚。シルクハットからさまざまなネオンが飛び出してくるジャケットは、ロック、ディスコ、ラテン、昭和歌謡とあらゆるテイストのサウンドを自在に歌いわける彼らの実力をあらわしているようだ。

 アルバムを再生すると、まずステージの幕開けを連想させるようなオーバーチュアが流れる。現在、ふたりの活躍は舞台がメインだということもあり、ファンの心を盛り上げる演出ともいえる。

 そして、アルバムのメインソングである「ギラメラ」は、タキツバらしさが光る覚えやすいキャッチーな歌詞が特徴。まさにコンサートで1発目に聞きたいアップチューンだ。つづく「抱夏-ダキナツ-」も、一度見ればいっしょに手振り出来るキャッチーな曲。この流れでぜひライブも見せてほしいと思ってしまう。

 また、ジャニーズソングでファンが湧く、メンバーの名前入りの歌もある。「Boogie 2night」は、自己紹介が含まれていて、彼らだからこそ歌える歌詞の特別感が楽しい。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる