>  >  > Berryz工房、全楽曲を振り返る

Berryz工房が紡いできた音楽のグラデーション 全楽曲をジャンル分類で振り返る(前編)

関連タグ
Berryz工房
アイドル
ハロー!プロジェクト
ピロスエ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 来月3日、つまり2015年3月3日の日本武道館公演をもって無期限活動停止するBerryz工房。2004年3月3日のCDデビューから数えて11年の活動期間中、発表された総楽曲数はシングル曲46+カップリング曲35+アルバム曲79で、ちょうど160曲となる。

 楽曲ほぼ全ての作詞作曲およびプロデュースを務めたのは、言うまでもなくつんく♂である。そのソングライティングには誰も真似できない独自の個性が貫かれているが、それと同時に様々な音楽要素によるバリエーションの広がりも見てとれるのが、Berryz工房楽曲(およびハロプロ楽曲)の面白さだろう。基本的にはアイドルポップスだが、そこにはロックやファンクをはじめとした多彩な音楽の遺伝子が組み込まれ交錯しており、その作成過程ではつんく♂のみならず編曲家の手腕に拠るところも大きい。そして実演するBerryz工房のメンバーたちによって、いろんな形の音楽の実が成り収穫されてきたのがこの11年間である。

 本稿では、Berryz工房の全楽曲をそこに含まれた音楽ジャンル要素に従って分類し、その傾向や聴きどころを振り返っていく。そうすることが彼女たちのこれまでの活動に対する餞(はなむけ)のひとつになると考えた。

楽曲の数え方——正規楽曲と準楽曲

 実際の分類に移る前に、楽曲の実数についてはっきりさせておこう。

 まず、本稿ではあくまで「Berryz工房」名義の楽曲のみを取り扱っていく。2004年3月3日のCDデビュー日以前にも、メンバーはハロー!プロジェクトキッズやZYX、あぁ!といったユニットでの活動経験があり楽曲もリリースされているが、それらは今回含めない。

 デビュー日以降の活動期間中、メンバー全員が参加した楽曲なども存在するが(ハロー!プロジェクト モベキマス「ブスにならない哲学」、Berryz工房×℃-ute「甘酸っぱい春にサクラサク」等)、それらも含めない。ただし、「甘酸っぱい〜」のカップリング曲「単純すぎなの私…」はBerryz工房名義なので含める。

 このようにして数えた総計が、前述の160曲である。ただ、そこではバージョン違い等の「準楽曲」も一緒に数えている。「正規楽曲」の前に、まずはこちらを先に見ていこう。

※以下、曲名の末尾にリリース年表記。シングル曲とカップリング曲はその旨も併記。無表記の場合はアルバム曲。収録盤名は長くなるので省略したが、気になるものがあったら各自調べてください。

<リミックス>

・あなたなしでは生きてゆけない (FUNKY remix) [2004]
・ピリリと行こう! (MOREピリリRemix) [2004]
・スッペシャル ジェネレ〜ション (エキセントリックスRemix) [2008]
・ジンギスカン タルタルミックス / ジンギスカン×Berryz工房 [2008] ※シングル
・ジンギスカン ピストン西沢 Two Turntable Remix / ジンギスカン×Berryz工房 [2008]
・ももち! 許してにゃん♡体操 (許さにゃいRemix) / ももち (嗣永桃子 feat. Berryz工房) [2013]

 アイドルポップスである原曲を、クラブミュージック寄りのダンスサウンドに変化させた、いわゆる「リミックス」曲。

<ハロプロ楽曲カバー>

・Hello! のテーマ (Berryz工房Version) [2004]
・Yeah! めっちゃホリディ / 菅谷梨沙子 [2006]
・チュッ! 夏パ〜ティ / 徳永千奈美・夏焼雅・熊井友理奈 [2006]
・ハレーション サマー / 清水佐紀・嗣永桃子・須藤茉麻 [2006]

 それぞれHello! Project、松浦亜弥、三人祭、ココナッツ娘のカバーで、バックトラックはリアレンジされている。

<ハロプロ楽曲カバー(未発表)>

・丸い太陽 (Unreleased Cover Ver.) / 清水佐紀・夏焼雅・熊井友理奈・菅谷梨沙子 [2015]
・GET UP! ラッパー (Unreleased Cover Ver.) / 嗣永桃子・徳永千奈美・須藤茉麻 [2015]
・ぴったりしたいX'mas! (Unreleased Cover Ver.) [2015]

 それぞれ太陽とシスコムーン、SALT5、プッチモニのカバーで、バックトラックは原曲と同一。録音自体は2006年頃と推察されるが、先日リリースされた『完熟Berryz工房 The Final Completion Box』で初めて陽の目を見た。

<舞台用楽曲>

・やっと会えたね (New Recording) [2015]
・サンクユーベリーベリー (New Recording) [2015]
・我らジャンヌ (New Recording) [2015]

 それぞれ『江戸から着信!? 〜タイムスリップto圏外!〜』[2007]、『サンク ユー ベリー ベリー』[2009]、『我らジャンヌ 〜少女聖戦歌劇〜』[2014]といった演劇/ミュージカル用に作られた楽曲。『完熟Berryz工房』のために新録音された。

<バージョン違い(小異)>

・マジカルフューチャー! (ジ・オーガ ENDテーマVer.) [2010]
・ヒロインになろうか! (Early Ver.) [2015]

 「マジカルフューチャー!」はニンテンドーDS用ゲーム『イナズマイレブン3 世界への挑戦!! ジ・オーガ』EDテーマのタイアップソング。ノーマルバージョンに比べ、こちらのバージョンは間奏が長くなっている。「ヒロインになろうか! (Early Ver.)」はシングルリリース前にライブ披露されていた時のバージョンで、大サビが転調しない等の違いがある。

<バージョン違い(大異)>

・雄叫びボーイ WAO! (スパークVer.) [2010] ※カップリング
・あなたなしでは生きてゆけない (2013 Ver.) [2013]
・あなたなしでは生きてゆけない (04-13-15完熟Completion Ver.) [2015]

 「雄叫びボーイ WAO!」を生演奏によるバンドサウンドで衣替えしたのがスパークVer.。「あなたなしでは〜」はデビュー曲だが、10年後にボーカル新録音したのが「2013 Ver.」。トラックにストリングス追加など一部手を加え、2015年のボーカル新録音も加えたのが「04-13-15完熟Completion Ver.」である。

<インストゥルメンタル>

・スッペシャルOP [2005]
・スッペシャルED [2005]

 2ndアルバム『第②成長記』の最初と最後に収録されたインスト曲。「OP」はファンファーレ風、「ED」はメンバーの「修学旅行の布団の中での会話」風なおまけ的トラック。

 以上23曲は、本稿では「準楽曲」という扱いで考える。それでは残り137曲の正規楽曲を見ていきたい。

 実際に分類を行ってみると、5系統33個のカテゴリに分けることができた。ただし最初に断っておきたいのは、以下に書かれているカテゴリのジャンル名が絶対ではないということ。その楽曲を表すジャンルが1個だけというのは稀で、たいていは複数個の音楽ジャンル要素が混在していることが多い。その中で特に要素の濃いものを暫定的に選び分類したので、読み進めていくうちに異論反論も感じるとは思うが、そこも含めて楽しんでいただけると幸いである。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版