>  >  > AKB48、新シングル選抜の意図を読む

AKB48、渡辺麻友・宮脇咲良Wセンター&選抜メンバー増員の理由は? サプライズ人事の背景を読む

関連タグ
NMB48
SKE48
AKB48
乃木坂46
JPOP
アイドル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AKB48グループが、9月17日に東京・日本武道館で行われた『AKB48グループ・じゃんけん大会2014~拳で勝ち取れ!1/300ソロデビュー争奪戦~』で、11月26日発売の38thシングル選抜メンバーをサプライズ発表した。

 今回Wセンターとして起用されたのは、渡辺麻友と宮脇咲良の2人。宮脇はHKT48とAKB48を兼任する若手メンバーで、発表された瞬間、会場は彼女のサプライズ起用に沸いていた。

 ほかにも松井珠理奈、島崎遙香、指原莉乃、入山杏奈、高橋みなみ、小嶋陽菜、松井玲奈、木崎ゆりあ、川栄李奈、須田亜香里、柏木由紀、横山由依、山本彩、宮澤佐江、生駒里奈、峯岸みなみ、渡辺美優紀、兒玉遥といった選抜常連組に加え、白間美瑠、森保まどかといった地方グループの人気若手メンバーや、武藤十夢、加藤玲奈、大和田南那、高橋朱里、向井地美音、小嶋真子、田野優花、大島涼花、川本紗矢というAKB48本体の若手有力株、そして新設されたチーム8から、中野郁海が初めて選抜入りするというトピックが盛りだくさんの人事となった。

 今回、このタイミングで宮脇をセンターに据えた意図とはどのようなものだろうか。『「アイドル」の読み方: 混乱する「語り」を問う』の著者であり、AKB48グループに詳しいライターの香月孝史氏は次のように分析する。

「宮脇はHKT48でもセンターになったことはありませんが、グループ内でも成長著しいメンバーであり、最新シングル『控えめ I Love You!』でも前列のポジションに起用されています。また、今年2月に行われた大組閣でチームAとの兼任メンバーになって以降は、急速に知名度を上昇させました。6月の選抜総選挙では、なんと11位にランクインしています。この躍進ぶりを考えると、彼女がセンターに抜擢されたのは、驚きはあるものの納得できる人事です。またHKT48は、一般的に名を知られているメンバーが指原のみという状況なので、彼女に次ぐ有名人を作らなければいけません。しかし、宮脇をいきなり単独センターに据えるわけにもいかないので、Wセンター形式で渡辺に支えてもらいながら、宮脇の名前を徐々に世に浸透させていこうという狙いがあるのではないでしょうか」

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版