>  >  > 乃木坂46神宮公演で生田復帰

乃木坂46神宮公演に生田絵梨花サプライズ出演! 療養中の橋本奈々未も元気な姿を見せる

関連タグ
乃木坂46
JPOP
アイドル
ライブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
th_20140830-nogizaka.jpg

 乃木坂46が8月30日、東京・明治神宮野球場で『真夏の全国ツアー2014』の千秋楽公演を行った。

 同会場でアーティストの単独ライブが行われるのは、THE ALFEE以来14年ぶりの快挙。乃木坂46は3万人の観客を前に、大会場に相応しい豪華なセットや演出を使い、約3時間にわたってパフォーマンスを行った。この日のライブは、AKB48の握手会に参加している松井玲奈、体調不良の橋本奈々未、そして休学のため活動を一時休止していたが、10thシングル『何度目の青空か?』でセンターとして復帰することが決まっている生田絵梨花を欠いた状態でスタートした。

 冒頭、BOOM BOOM SATELLITESが制作した「OVERTURE」が流れたあと、メインステージにメンバーが登場。1曲目には乃木坂46の夏ソングである「夏のFree&Easy」を披露し、会場は一気にヒートアップ。そこから「ロマンティックいか焼き」や「ガールズルール」など、明るいテイストの人気曲を5曲目まで続けて歌い上げた。

 MCでは、同ツアーでは恒例の“囚われの身”という設定になっている生田の映像がスクリーンに映し出されると、高山一実が「代わりに10枚目のシングルでセンターを務めることになりました。グループ名も『高山46』に変わります」と、まさかの”センター宣言”を披露し、他メンバーからツッコミを食らっていた。

 7曲目にはアンダーメンバーが「生まれたままで」を熱唱し、アンダーライブで培ったパワフルな歌とダンスを観客に見せつけた。その後、生駒里奈と星野みなみが登場して、8曲目「ここじゃないどこか」がスタート。本来は生田を加えた3人の楽曲だったため、ファンの間で「生田がここで登場するのではないか?」とどよめきが生まれたが、なんと登場したのは先ほどセンター宣言をした高山。客席から笑いが巻き起こり、会場は和やかなムードに包まれた。

 ライブ中盤には、スクリーンに悪の組織と囚われの身の生田が映し出され、メンバーは彼女を助けるために、ミッションである「楽曲が終了するまでに、サインボールを1000個客席に投げる」にチャレンジ。「人間という楽器」に合わせてメンバーが各所から手投げやマシン、バットを使ってボールを投げ入れるも、楽曲が終わった段階で、まだ若干名が処理をしきれなかった。しかし、メンバーはファンに歌唱を促し、まさかの“延長”扱いに。最後の桜井玲香がボールを投げ終え、無事にミッションをやり遂げたことで生田は解放され、神宮球場にヘリコプターで向かう映像が映し出された。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版