>  >  > キスマイ北山のパフォーマンス分析

キスマイ北山、パフォーマーとしての実力は? 歌からお笑いまでこなす多芸ぶりに迫る

関連タグ
アイドル
ジャニーズ
ジャニ子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20140425-kismyft.jpg

歌からバラエティまで、マルチに活躍しているKis-My-Ft2。

 飛ぶ鳥を落とす勢いのKis-My-Ft2。歌もダンスもローラースケートも…そしてお笑いまでも「何でも出来る」というのが彼らの売りだが、なかでもマルチに活躍しているのはメンバー最年長の北山宏光ではないだろうか。

 彼の魅力は安定したパフォーマンスにある。アイドルとはいえ、人間。ときにはテンションが上がり切らなかったり、メンバーへのリアクションがイマイチだったり…という場面がある。それは、彼らを見つめ続けているファンの目には歴然だ。

 しかし、北山宏光に場合はどんなに忙しい日々を過ごしていても、ステージに立てばファンを心配させることはない。そんな彼のブレない雰囲気が、Kis-My-Ft2の大黒柱になっているのではないか。

 だからこそ、冠番組『キスマイBUSAIKU!?』でもMC役を任され、メンバーへコメントを振りつつ、ゲストの意見を汲み取れるのだろう。とはいえ、人間味を感じさせないパーフェクトなアイドルとは違うのが彼の魅力。恋愛シチュエーションを妄想する場面では、過剰な演出で“昭和的”とツッコまれる隙もあるから、絶妙なバランスだ。

 また、よくイジられているのが身長が高くないという自虐ネタ。後輩のジャニーズJr.の安井謙太郎と競り合うなど、最年長でありつつも親しみやすさを持っているのだ。

 とはいえ、本業である歌についてもグループでは1、2を争う実力派。ソロ曲も発表しており、そのセクシーで個性的な歌声は耳に残る。だが、コンサートでは、その甘い雰囲気だけでは終わらず、曲中にちょっとしたコントシーンを取り入れることがある。それは、北山のサービス精神のあらわれなのかもしれない。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版