>  > AKB48は「大組閣」でどう変わっていく?

エドボルのアイドル深読みリサーチ

AKB48『大組閣祭り』でどうなる? 大島卒業からチーム8発足までの流れを追う

関連タグ
AKB48
SKE48
JPOP
アイドル
エドボル
国立競技場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1月26日に行われた、AKB48リクエストアワーセットリスト2014の最終日に、『AKBグループ大組閣祭り』が2月24日Zepp DiverCity TOKYOにて開催されることが発表された。スポーツ新聞やワイドショーのニュースコーナーなどでも取り上げられてはいたが、なぜファンがざわついているのか? 報じられた事実だけでは、正直わかり難い部分があるように感じられる。では、今回なぜ組閣が行われるのか。2014年のAKB48の現状を整理していこうと思う。

 この『大組閣祭り』が過去の組閣同様に、劇場公演のチームメンバーの入れ替えで、それも全AKB48グループを巻き込んだものだとすれば、AKB48にとっては2012年8月の東京ドームでの発表以来一年半ぶり、3回目ではある。だが、SKE48にとっては2013年4月の日本ガイシホールとわずか十ヶ月強しか経っていない。また、AKB48の峯岸みなみがキャプテンを務める新Team4も結成は昨年8月。リクアワ当日も、多田愛佳が声を上げて抗議した通りHKT48のTeamKⅣに至っては今年1月12日に結成が発表されたばかりの状況である。今のタイミングで、今まで行われていたような組閣が行われるとすれば、あまりに場当たり的な判断のように感じる部分も否めない。

 ただ、大島優子が今年行われる国立競技場のコンサートにて卒業することが正式に決定し、AKB48の各チームが総合的に競い合う『ペナントレース』導入が控えた現在。「TeamKはだいじょうぶか?」とスクリーンに映しだされた通り、劇場公演の募集倍率も大島優子を欠いた時のTeamKが苦戦しているとう現状の中“戦力の均衡”という、『ペナントレース』の参考にしている日本プロ野球機構のスタンスすら継承し、よりAKB48グループの『ペナントレース』としてのゲーム性を高めようとしているのかもしれない。

 しかし、そうだとするとなぜ昨年にAKB48グループでドラフトを行ったのか?プロ野球においては、ドラフトが“戦力の均衡”の最も象徴的なシステムである。ただ、野球と違い、アイドルにとっての“即戦力”とは何なのか。正直誰にもその答えを持ち合わせていない。ドラフトにおいては各チームが持ち合わせていないキャラクターの娘を補充しようとしたり、逆にチームカラーに近い娘を獲得したりと、このドラフトを通して、これからのペナントに向けて戦力の補強以上に、チームというものを現在のメンバー間でも再確認する作業となったように思える。だからこそ、現在のチームを崩す組閣が行われることに不安を感じずには居られない。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版