『今日好き。台北編』わかきせカップルインタビュー 「初日で気持ちは絞り切っていた」

『今日好き』わかきせカップルインタビュー

 現役高校生たちが2泊3日の修学旅行に飛び出し、運命の恋を見つける恋愛番組『今日、好きになりました。』(ABEMA/以下:今日好き)。11月13日に最終話を迎えた『台北編』では、きせき(林奇跡)×わか(吉田羽花)の“わかきせ”カップルが新たに誕生した。

 前々回の『夏休み編2023』より、継続メンバーとして参加したわか。晴れて結ばれた男子とは、初日から不安要素は一切なく、誰もがカップル成立を疑わなかったといえるほど、安定感の一言に尽きる2泊3日を過ごしていた。とはいえ、お互いに別の相手と2ショットを経験しなくてよかったのか? はたまた、2日目に絶叫アトラクションに乗船した際、わかから腕を組まれたときのきせきの心境は? カップル成立後だからこそ明かせる、ふたりの本音を特別にぶつけてもらった。(一条皓太)

『ABEMA』総力特集 人気作品の裏側に迫るインタビュー&コラム

「わかちゃんの腕への意識が99%。バイキングなんてたった1%でした(笑)」(きせき)

ーーおふたりの恋愛模様は“安定感”の一言に尽きるばかりで、わりと早い段階からカップル成立の可能性を信じていました。その上で、もっとも印象的だった2ショットを選ぶとすれば?

わか:初日夜に一緒にした花火かな。

きせき:同じだね。オンエアで改めて観ても、我ながらドラマみたいなワンシーンだなって思った。

ーー台北の夜、誰もいない線路の上という少し背徳感あるシチュエーション。ちょこんとしゃがんで、膝を付き合わせているおふたりに、多くの視聴者が癒されたと思います。そんなふたりが出会いの2ショットで盛り上がったのが、香水好きという共通の話題。しかもイヴ・サンローランの名作「モン パリ(MON PARIS)」がきっかけとは、日本全国の高校生を探しても絶対に見つからないケースかと。

わかきせ

わか:そんな話もしたよね(笑)。オンエアを観ていて懐かしくなっちゃった。でも、あのときはまだ会話も途切れ途切れで「きせきくん、めっちゃ不思議な人だな」って考えていた気がする。

きせき:初日のお昼は緊張しすぎて、なにを話していたかすら覚えていないくらいだから(笑)。

ーーそこから、2日目のグループ行動ではテーマパークに。一緒に乗った絶叫アトラクションのバイキングで、わかさんは途中思わず、きせきさんと腕を組む形になりました。

きせき:あれはマジでビックリで。それ以上にドキドキもしたけれど。

ーー正直なところ、バイキングの揺れとわかさんの腕は、どちらの方がヤバかったですか?

きせき:僕自身は絶叫系も得意なので、船の揺れが大きくても余裕だったんです。それもあって、もう腕の方にしか意識が向かなくて。100%で例えると、わかちゃんの腕への意識が99%。バイキングなんてたった1%でした(笑)。

わか:1%しかなかったのおもしろすぎる(笑)。

ーーバイキング後には2ショットでも仲を深めましたが、何気なく隣同士で座ったときの距離感が近かったのも記憶に残っています。

わか:そうなんですよ。オンエアを観ていて私も気づいて。でも、自然とあの距離感になっていたんです。

きせき:マジで意識しての行動じゃないよね。というか、バイキングの時点で腕を組んじゃっているので。そう考えると、逆に距離が離れているくらいですよ。

全員:(爆笑)

ーー間違いないです(笑)。それでいうと、今回は男子からの告白と事前に発表されていましたが、あの時点でもう心を決めていたのでしょうか。

きせき:わかちゃんに対する気持ちを固めたのは、その後のディナーのときですね。2ショットもしていないし、きっかけらしいきっかけもなかったんですけど、隣同士で会話をしているだけで、もう自分のなかでは確信が生まれていて。完全にフィーリングでした。

わか:実は、私の方は初日の花火の時点で、ほとんど気持ちを絞り切っていたんです。2日目以降はずっと「あぁこの人、やっぱりいいなぁ〜」って思っていただけ。でも、最終日まで本当にずっと一緒だったよね。

ーー次の質問は、おふたりの不仲を望んでのものでないと強調した上で聞かせてください。お互いに対する気持ちを確かめるためにも、ほかメンバーと2ショットをせずでよかったのでしょうか。

きせき:それこそ初日は、ほかの子とも話してみようかなとは考えていました。ただ、わかちゃんに対する想いが、それよりも早く大きくなっていって。すでに関係値も高くなっているペアのところに、自分が急に割り込んでいくのも感覚的に「違うな」って思ったことも理由のひとつにはありますね。

わか:私もそう。第一印象ではきせきくん以外にも気になる子がいたけど、ふたりでたくさん喋るうちに「やっぱり、この人しかいないな」って感じられるようになったから。ふたり揃って、そう考えるタイミングも似ていたんだね。

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる