松浦勝人氏、所有する巨大キャンピングカーを紹介 YouTube企画で全国行脚に意欲

 エイベックスの松浦勝人会長が、自前の巨大キャンピングカーを紹介する動画を公開した。

 大のスーパーカー好きとして知られる松浦氏は、これまで「RWB ポルシェ 930」や「ラ・フェラーリ アペルタ」、「ランボルギーニウルス マンソリー ヴェナトゥス」など、自慢のカーコレクションをYouTubeチャンネルで次々と披露している。

【動く家】巨大キャンピングカー紹介&洗車!幼き日の親父との思い出を語る

 このほど公開された「【動く家】巨大キャンピングカー紹介&洗車!幼き日の親父との思い出を語る」と題した動画で松浦氏は「いつもスーパーカーばっかなんで、こんな車もあるよってことで」と言い、自身所有のキャンピングカーであるTOY-FACTORY社の「Seven Seas」をお披露目した。

 「Seven Seas」は、バスにキャンピングカーの機能を搭載したバスコンバージョン(バスコン)と呼ばれる車種で、キャンピングカーユーザーにとって憧れの車として知られている。中でも「Seven Seas」は国内最高級のバスコンであり、公式サイトによると新車価格が2047万円~に達する。

 高級外車フリークとしてのイメージが強い松浦氏だが、実は昔からキャンピングカーを何台も所有していたとのこと。時には「キャンピングカーで生活していたこともある」と明かし、「会社行って、夜中釣りに行って、お昼頃終わってまた会社行って……みたいなことをずっと繰り返してたから。その時に乗ってたんで」と、当時を振り返った。

 車内は、キングサイズのベッドルーム、キッチン、冷蔵庫、電子レンジなど様々な設備を備える至れり尽くせりの空間。長旅にも十分対応できそうだ。しかし、走行距離はわずか2699km。YouTubeの撮影スタッフから「全然走ってないじゃないですか」とツッコまれると、松浦氏は「走ってないね。だって俺、乗った記憶がないもん(笑)」と苦笑いを浮かべた。

 とはいえ、このまま持て余し続けるつもりはないようだ。松浦氏は、YouTubeの企画としてキャンピングカーで全国を周るという構想があるらしく、「周るとしたらこの車を持っていきますね」「だって、今どきどこにいたって仕事ができるから。あんま関係ないじゃん」と説いていた。コロナ禍でリモートワークが普及し、ワーケーションが注目されている今のご時世。松浦氏が全国各地をキャンピングカーで巡りつつ、遊びも仕事も全力で取り組む姿を映した動画は大きな注目を集めそうだ。

 しかし、「でもやっぱり下にフェラーリが入るのが欲しくて。ジェット機買おうと思ったら全然安いからさ」とも。バスコンになるのか、フェラーリを搭載したプライベートジェットになるのか定かではないが、いずれにしても、松浦氏による全国旅動画がいつの日か実現することを期待したい。



関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる