木梨憲武の「貴ちゃんねるず」登場が大反響 YouTubeでとんねるずが並ぶXデーは近い?

 木梨憲武が、石橋貴明のYouTubeチャンネル「貴ちゃんねるず」のカメラに映り込んだとして反響を呼んでいる。

貴ちゃんねるずカメラにノリさんが映っていた

 2020年6月19日から始動し、2022年1月18日時点で190本の動画が投稿されている「貴ちゃんねるず」。これまで、清原和博におぎやはぎ、加藤浩次など、石橋ゆかりの有名人が多数登場しているが、もっとも近しいはずの木梨が同じフレームに映ったことはない。

 唯一ニアミスしたのが、2021年8月22日に『24時間テレビ』(日本テレビ系)の真裏で投稿された「24分間テレビ」と題した動画だった。本動画は、『24時間テレビ』の恒例企画「チャリティーマラソン」のパロディ。この時に、加山雄三のモノマネタレント・ゆうぞうとともに、お台場から両国国技館を目指してランニングする石橋の到着をゴール地点で待ち構えていたのが、ほかならぬ谷村新司の扮装をした木梨だった。結局、石橋が途中で走るのを放棄するというオチだったため、2人が合流することはなかったが、「貴ちゃんねるず」に木梨が初出演したということで大きな話題を呼んだ。

 このほど1月17日に公開された動画では、チャンネルの演出を手掛けるディレクターのマッコイ斉藤が、お正月特番「とんねるずのスポーツ王は俺だ!!」の収録に臨む石橋の楽屋を突撃。石橋は「今日は『貴ちゃんねるず』やってられないのよ。『スポーツ王』なんだから。久々のテレビなんだから」と怪訝な表情を浮かべる。

 そう言われて石橋の楽屋を後にしたマッコイが向かった先は、隣に設けられた木梨の楽屋だった。「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)の演出家でもあったマッコイと木梨は、かつての仕事仲間。木梨は、マッコイらの撮影クルーを見つけると、笑みを浮かべながら近づき「映すんじゃないよ(笑)」とクレームを入れ、「GYAOとそっくりだね」と「貴ちゃんねるず」のフットワークの軽さを、自身がGYAOで展開する番組『木梨の貝。』と重ねた。

 マッコイはその後二言三言交わして、木梨の楽屋を後にした。結局、今回もとんねるずが「貴ちゃんねるず」で鉢合わせすることは叶わなかったわけだ。とはいえ、両者と縁の深いマッコイが、楽屋が隣同士という絶好機にかこつけて石橋と木梨に頼み込めば、”夢の競演”も不可能ではなかったはず。それをあえてやらなかったのは、「貴ちゃんねるず」の視聴者ほぼ全員が待ち望む“石橋と木梨が横並びで登場するというビッグイベント”を、いつか訪れる大事な節目に取っておきたかったからにほかならないだろう。その“いつか”が、チャンネル登録者数200万人や300万人達成のタイミングなのか、何周年かを迎えた時なのか、はたまたチャンネルが最終回を迎える時なのかはわからないが、いずれにしても、その時を楽しみに待ちたい。



関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる