木梨憲武、ついに「貴ちゃんねるず」に登場 とんねるずのYouTubeへ向かうスタンスは“対照的”?

 石橋貴明のYouTubeチャンネル「貴ちゃんねるず」が、今年も『24時間テレビ』(日本テレビ系)の裏側で「24分間テレビ」を敢行。そのゲストとして木梨憲武が初登場した。

 「24時間テレビ 『愛は地球を救う』」の恒例企画として知られるチャリティーマラソン。そのパロディとして石橋は昨年8月23日、「24分間テレビ」と題した動画を公開した。

24分間テレビ ~石橋が地球を救うかも~24 MINUTES TELEVISION “ISHIBASHI MAY SAVE THE EARTH”

 本動画で石橋は、お台場から両国国技館を目指して、一人ランニングを開始。途中、おぎやはぎ・矢作兼、清原和博氏、バナナマン・設楽統など、ゆかりのある著名人からの応援メッセージも紹介された。しかし、この年“本家”のチャリティーマラソンがコロナ禍の影響を鑑みて行われないことを知ると、「何のために走ってんだよ!? 本家も走ってるから俺も走ってんだろ!?」と突然激高。伴走していたディレクター・マッコイ斉藤氏と口論の末に現場から立ち去り、結局、ゴールできずに終わっていた。

 このほど、8月22日に公開された動画で石橋は、2年連続2回目の「24分間テレビ」に挑戦。動画の冒頭、「去年、茶番劇を演じてしまったので、今年こそは愛があればみんなを救えるんだっていうところを、ちゃんと自分の走りでお見せしたい」と気合十分に、走り出した。

 ゴール地点で待ち構えるのは、昨年同様、加山雄三のモノマネタレント・ゆうぞう。そこに突然、谷村新司の扮装をした木梨憲武がサプライズで登場した。木梨は、谷村のモノマネ口調で「いや~、石橋くんが今年はゴールをするんじゃないかって言われて。この24分マラソンのマッコイくんにご招待されて、『サライ』を歌いに来た」と説明。さらに、「噂によると、一人暮らしって聞いてるから、焼きおにぎりをゴールしたらプレゼントしようかな」と、最近独り身になった石橋を気遣った。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる