前澤友作氏、“世界限定99台”希少なメルセデス・ベンツ公開 新車価格は「約1億1000万円」

 2021年、日本の民間人として初めて国際宇宙ステーション(ISS)に滞在した衣料品通販大手ZOZO創業者・前澤友作氏。宇宙旅行にかかった費用は、帯同するカメラマン含め「2名分で100億円以上」と報じられるなど、規格外の話題を振りまいた。

【Mercedes-Maybach G650 Landaulet】世界限定99台の現代的馬車

 そんな前澤氏はスーパーカーコレクターとして有名だ。過去にも自身のYouTubeチャンネル「Yusaku Maezawa【MZ】」にて、「パガーニ・ゾンダ」(価格:約3.5億円)、「ブガッティ・ヴェイロン」(価格:約2.5億円)、「ロールス・ロイス ファントム・オリベ」(値段:約3億円)といったコレクションを紹介し、視聴者に大きなインパクトを与えた。

 そして今回「前澤友作スーパーカーチャンネル」と題したチャンネルにて、また1台新しい車が紹介された。世界限定99台の特別なメルセデス・ベンツで、新車価格はなんと約1億1000万円とのこと。最近行われたオークションでは約1億6000万円で取引されたという。

 白いボディーの「メルセデス・マイバッハ G650 ランドレー」という高級車は、一見すると「ちょっと変わったGクラス」のような風貌。しかし、サイズは全長5メートル34.5センチ、全幅2メートル11センチ、全高2メートル23.5センチ、重量は3.3トンと貫禄たっぷりだ。

 先日も自身のTwitterで「宇宙から全員お金贈り開始します」と投稿し話題になるなど、大富豪・前澤氏のお金の使い方は突き抜けている。過去には「欲しいものがどんどん出てくる」と発言したこともあったが、まさにそれを体現するように、次から次へと庶民では想像もつかないような、スペシャルなものを購入している。

 巨額の費用を投じ、宇宙旅行という“夢”まで叶えた前澤氏。果たして2022年はどんなド派手な買い物を楽しむのかーー。引き続き注目したい。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる