コロナの救済金600万円以上をポケモンカードにつかい込んだ男を逮捕 最長20年の懲役刑の可能性も

コロナの救済金でポケカを購入し逮捕

 米ジョージア州の男性が、コロナの救済金を騙し取り、ポケモンカードにつかい込んだとして逮捕された。

 米国では、中小企業を対象にした融資プログラムを儲けており、事業主は救済金を、従業員への給与や、諸経費、借金、家賃などの支払いにあてることができる。男性はこの制度を悪用したものと見られており、検察によれば、救済金を申請する際、「2018年から事業を始め、現在は10人の従業員をかかえており、過去1年間の収益は235000ドル(約2670万円)」と報告していたという。しかし実際にはこのような事実はなく、受け取った85000ドル(約960万円)の半分以上を占める57000ドル(約650万円)をポケモンカードの購入にあてていた。

 近年ポケモンカードの人気が再燃しており、新弾リリースの際には、日本国内のみならず海外でも長蛇の列が見られる。残念なことにカードをめぐる客によるトラブルも頻発しており、今年5月には米大手スーパーのTarget(ターゲット)が、店頭販売を中止するほどの騒ぎとなった。レアカードの価格が急騰しているだけに、ブレーキが効かなくなる人もいるようだ。

 今回逮捕された男性も、有罪判決が下されれば、最高で20年の懲役刑、または250000ドル(約2840万円)の罰金刑が科せられる可能性がある。コロナ禍で苦しむ人々を救済する制度を悪用した詐欺行為は、大きな代償をもたらしそうだ。

(画像=Unsplashより)

■堀口佐知
ガジェット初心者のWebライター兼イラストレーター(自称)。女性向けソーシャルゲームや男性声優関連の記事を多く執筆している。

〈Source〉
https://www.wftv.com/news/trending/georgia-man-used-57k-covid-19-relief-loan-buy-pokemon-card-feds-say/F447NU2SLRF5PJEMVLBTAU3LUE/
https://www.13wmaz.com/article/news/crime/prosecutors-dublin-man-used-covid-loan-on-57000-pokemon-card-2/93-2d63b6fb-31da-4333-9cc7-6aa5435c1e73?utm_campaign=snd-autopilot



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる