お金、恋愛、酒、タバコ……すべてを「笑い」と変える、人気芸人たちの知られざる魅力

人気芸人、ABEMAで見せる魅力

 芸人の魅力が最も伝わるといっても過言ではない冠番組。人気芸人たちの魅力的な個性はABEMAの冠番組でどう発揮されているのか? その魅力を掘り下げたい。

千鳥『チャンスの時間』

 今やテレビで観ない日はないほど大ブレイクを果たしている千鳥だが、どれだけお茶の間の人気者になろうとも、『チャンスの時間』ではある種の「尖り」が残っているのが彼らの大きな魅力だと思う。

 「なんでこの人が芸能活動できてるの?」と言われるほど常に放送のギリギリを攻めているようなボケをする大悟と、その大悟に的確にツッコミながらも時にそれをはるかに凌駕する暴走を見せるノブ。二人の「なにかやらかしてくれそう」という雰囲気とABEMAから漂う「裏世界感」、特にこの『チャンスの時間』は、大悟がなぜこれほどまでに皆に愛されるのか、そのゆえんを垣間見ることができる「クズかわいい笑点!」「大悟の人間性検証ドッキリ」、ノブの「演技者」としての圧倒的ポテンシャルと大悟の大喜利力を存分に堪能できる「ノブの好感度を下げておこう!」など、千鳥の魅力を存分に引き出しつつ、番組としても二人の個性に一歩も負けることない企画を持ってくる、まさに「狂と狂の共演」。更新日が楽しみで仕方がない。

『チャンスの時間』

かまいたち『ぜにいたち』

 ABEMAで冠レギュラー番組『ぜにいたち』をスタートさせるかまいたち。ずっと「かまいたち」というコンビに対して、千鳥とは別の意味で「ヤバい雰囲気」を感じていた。どの番組を観ていてもふと見せる「油断したらやられそうな」攻撃性と、どこに行こうが掌を返さずずっと指紋を見せ続ける「嘘のなさ」にいつも興奮させられる。

 自身のYouTubeチャンネル「かまいたちチャンネル ねおミルクボーイ」でたびたび公開されている「ネットニュースのコメント欄をチェックする企画」でも、どこの馬の骨ともわからないコメントに対してどこまでも真っ直ぐに対象と向き合う姿に興奮した。「山内が出てるとチャンネルを変える」というコメントに「好感度って面白いですか?」と豪語し、YouTubeの解説記事に「事務所が記者にお金払ってるんだろう」と苦言を呈するコメントに対してもキッチリ否定した上で「もっとステマせんかい」とバキバキの目で言い、「濱家のTwitterに誰も興味ない」のコメントに「一応(フォロワー)50万人いるんですけどねぇ、この方はどれくらいのフォロワーがいるんでしょう?」と返せるのがかまいたち。

 『ぜにいたち』は“Life is Money「人生は、金だ」”をテーマに、2人が人生にとって“お金(ゼニ)”とは一体何なのか?を知るために様々な企画に挑戦する。初回放送では、一発ギャグを販売して金を稼ぐ“一発ギャグ販売士”や、借金で人生のどん底を経験した“極貧先生”などクセの強すぎる猛者たちが登場。オープニングトークで「お金を扱う番組で僕らを選んでくれたっていうのはすごい有難いですね。こんなにお金が好き なコンビいないですからね」と豪語したかまいたちだが、ゲストとどんな絡みを見せてくれるのだろうか。

 平成ノブシコブシのYouTubeの平成ノブシコブシ徳井の音声コンテンツ「酒と話と徳井と芸人」にかまいたちが出演した際、山内が「とにかく金を稼ぎたい。僕の能力と見た目を考えた時にお笑いが一番金を稼げると思ったからお笑いをやっている」と言っていたように誰よりも冷静に達観し、事実のみを追求する2人とこの番組の相性が悪いわけがない。期待は膨らみ続けている。

『ぜにいたち』



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる