初代『ソニック』のステージにマリオが隠れていた? ユーザーの発見が話題に

初代『ソニック』には実はマリオが隠れている?

 ソニックシリーズの記念すべき第一作目、「ソニック・ザ・ヘッジホッグ(1991年)」に実はマリオが登場しているのではないか? と話題になっている。

 あるツイッターのユーザーがツイッターに投稿した2枚の写真を見ていただきたい。こちらのユーザーによると「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」のステージ、マーブルゾーンに登場する建造物の模様をよく見るとマリオの顔が浮かび上がると言うのである。

(画像=Tanooki JoeのTwitter)
(画像=Tanooki JoeのTwitter)

 こちらのツイートには「全く気づかなかった!」というようなリプライが送られているが、ほとんどのユーザーは「いやライオンが向かい合ってるだけでしょ」と冷静にコメントをしている。本人も後から「さすがに実際にマリオじゃないってことはわかってるよ」と付け加えているが、同ツイートは現時点で400リツイート&3000いいねを超えている。

 当時、任天堂に対抗してマスコットキャラクターを生み出そうとしていたセガだったからこその遊び心だったのだろうか? マーブルゾーンに登場するこちらの建造物の模様が「ライオンが向かい合っているデザイン」であることは間違いなさそうであるが、よく見るとマリオに見えるように作られた小ネタだったと考えても面白いかもしれない。

(画像=SEGA『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』/ Tanooki JoeのTwitter)

(Source)
https://www.nintendolife.com/news/2021/09/random_wait_a_sec_that_sure_looks_like_mario_in_sonic_the_hedgehogs_marble_zone
https://www.redbull.com/jp-ja/the-making-of-sonic-the-hedgehog



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる