QuizKnock5周年の展望を伊沢拓司が明かす 佐藤健、カズレーザー、高山一実からメッセージも

QuizKnock5周年の展望を伊沢拓司が明かす

 株式会社QuizKnockが、9月30日にHMV&BOOKS SHIBUYAで『QuizKnock5周年 記者発表会』を開催。QuizKnockのCEOである伊沢拓司、ふくらPが登壇した。

 会見では、まず伊沢がQuizKnockの5年間の歩みとこれからの展望をプレゼンした。2016年10月2日にサービスとして立ち上げられたQuizKnockは、今年の10月2日で5周年を迎える。QuizKnockは「楽しいから始まる学び」をコンセプトに、様々なコンテンツを作り上げてきた。能動的に触れるWebメディア「QuizKnock」、現在全チャンネル総計登録者数260万人を突破しているYouTube動画チャンネル、さらにアプリゲーム、謎解きイベント、講演会、書籍出版などその事業は多岐にわたっている。

 6年目を迎えるQuizKnockのこれからとしては、「『楽しいから始まる学び』をより広く深く」をコンセプトに、10月1日から行われる『QuizKnock5周年記念展』と施設周遊型謎解きゲーム『渋谷MIYASHITA PARK 謎解きガイドブック』、今夏立ち上げたYouTube新チャンネルの運営、QK-GOオンラインの開催を説明。さらに、今回初出しの情報として2022年を目処に高校生を対象としたクイズ大会の開催を予定していることを発表した。伊沢は「メディアでやられているものですと、出場者数も限られてくるので、なるべくいろいろな高校生に参加していただいて、もちろんQuizKnock的な要素はありつつ、白熱した試合をお届けする。それを見ている人が楽しめる、ガチンコのエンターテインメントとして作り上げていく」と開催に向け、意欲を見せる。終わりに、伊沢は「生活の中により豊かな学びを楽しい形でというのが、我々QuizKnockの目標でありますので、6年目も邁進していければと思っております」とプレゼンを締めくくった。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる