はじめしゃちょー、新たな“自宅での迷惑行為”を告白 今回の相手はファンではなく鳥

 人気YouTuberのはじめしゃちょーが9月21日、自身のチャンネルで、東京の家で鳥の被害に悩まされていることを報告した。

 これまでも、自宅に勝手に来てしまうファンに対して警鐘を鳴らす動画や、コロナ禍で“黙浴をお願いします”という張り紙が貼ってあるのにも関わらずサウナ内で談笑する若者に対し、注意喚起するような動画を公開し、話題を呼んだはじめしゃちょー。それらの動画内では“自分がされて嫌だなと思うことしないでいただけるとうれしいです”と呼びかけていたが、トップYouTuberが率先してこのような状況を伝えることで、問題提起したいという意味合いもあるのだろう。

 そんな中、今回も自宅での迷惑行為を報告。しかし、その相手はなんと人ではなく鳥だった。東京のマンションのベランダに住み着いていて、フン被害などに悩まされているという。確かに実際の映像で見ると、その状況はかなり深刻であることがわかる。

 どうやら「鳩」がはじめしゃちょー宅のベランダに住んでしまっているようだ。はじめしゃちょーは管理会社には連絡済みで駆除業者も動いているとのことだが、日々、鳩の泣き声などにうんざりしているという。動画内でもたびたび鳩が鳴らす音に、はじめしゃちょーは苛立っていた。

 意外にも高層マンションに鳩がやってくるケースはあるようで、コメント欄には「私も数年前結構高層に住んでいたのですが、ハトめちゃくちゃ多いですしフンどころか卵も3回くらい置いていかれましたね、、、換気のために数分窓を開けて少し別の部屋に行き戻ってきたら部屋に入ってフンだけ残して帰って行きました。怖いです」といった声も。その上でこの視聴者は「上の階のベランダを見ると鳩避けにネット張ってました」とコメントしていた。

 「対・人間」に関する迷惑行為の報告ではなくて、少し安心した部分はあるが、はじめしゃちょーが参ってしまっているのは、動画を通してしっかりと伝わってくる。はじめしゃちょーは基本的には“鳥が好き”とのことだが、もし鳥が苦手な人が同じような状況になってしまったら、安らぐはずの家も安心することはできないだろう。

 そういう意味では、“事前に対策をするきっかけ”を生むかもしれない本動画。気になる人はぜひはじめしゃちょーのチャンネルをチェックしてみよう。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる