GoPro史上最高のパワー「HERO10 Black」発売 有線での高速データ転送も可能に

GoPro「HERO10 Black」発売

 臨場感あふれる動画撮影が気軽に行えることで人気のアクションカメラ。

 インスタグラマーやYouTuberなどはもとより、ファミリーユースとしてのニーズもあり、裾野はかなり広がっていると言えるだろう。

 そんななか、アクションカメラ市場を牽引し、確固たる地位を築いてきたGoProの「HERO」シリーズだ。

 2010年にハイビジョン対応の高画質・高性能ウェアラブルカメラとしてローンチして以来、世界トップシェアを誇るブランドへと成長を遂げた。

 こと日本市場においても、GoProを愛用するユーザーが「#GoPro女子」や「#GoProのある生活」といったハッシュタグが生まれるほどのムーブメントが巻き起こっている。

 そんなGoPro人気が活況となるなか、9月17日より新たに「HERO10 Black(以下 HERO10)」が発売された。

 発売に合わせて開催されたGoPro『2021 Fall Launch Online Media Briefing』では、GoPro Media Relationsの山下泰広氏が登壇。

 HERO10の魅力について語るブリーフィングとなった。

最新のGP2プロセッサーを搭載した「HERO10」

 「GoProがここまで進化したなんて信じられないくらい、飛躍的に画質、速さ、使いやすさが向上した。高性能GP2プロセッサーを搭載した第10世代の『HERO10』の世界をぜひ体感してほしい」

 GoProの創業者兼CEOのニック・ウッドマン氏はこのようにコメントを寄せる。

 HERO10が掲げるキャッチフレーズは「SPEED WITH EASE」だ。

 速さと使いやすさを兼ね備えた最新のフラッグシップモデルは、ビデオフレームレートの倍増、ビデオスタビライゼーションの強化、鮮明な画質の実現といったハイスペックな機能が充実している。

 これらを可能にしているのが最新のGP2プロセッサーだ。

 HERO6〜9シリーズにはGP1が搭載されていたが、今回発売されたHERO10日からは次期プロセッサーのGP2へとアップグレードされた。

画質とフレームレートが進化し、パフォーマンスが飛躍的に向上

 GP2プロセッサーが搭載されたことで、どのような商品スペックの向上が見られたのだろうか。まずは5.3K 60fps、4K 120fps、2.7K 240fpsの撮影が可能になったことだ。

 GP2がもたらすビデオフレームレートの倍増や高画質の実現が、パフォーマンスを大幅に飛躍させるのに寄与している。

 次いで、写真の解像度は23MPへと進化し、GoPro史上最もシャープな画像を撮影することができるようになった。

 そして日の出や夕日、暗い場所などの低光量環境での撮影に際しても、ノイズが出づらくなったことで、細部までリアルに美しいコントラストの撮影を可能にしているという。

あらゆるライフスタイルで重宝するハイスペックな機能が充実

 ユニークなのが、動画から写真を切り出せる機能の「フレームグラブ」だ。

 これはHERO9にも搭載されていたが、HERO10ではより高解像度な19.6MP(5K 4:3ビデオから)、15.8MP(5.3K 16:9ビデオから)の写真を取り込めるようになったことで、ベストショットを意識せずとも、ハイクオリティな写真を手元に残せる。

 加えて、手ブレ補正の機能を有するHyperSmooth 4.0は、どんなシーンにおいても安定した映像配信を担保できる。

 旅先やアクティビティシーン、オンラインレッスン、講義、ビジネスのビデオミーティングなどあらゆるシチュエーションでも重宝することだろう。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる