Galaxy Z Fold3 5G/Flip3 5Gで折り畳みスマホは定着するか? 海外メディアの反応は賛否両論

日本で折り畳みスマホは定着するか?

 大手スマホメーカーのSamsungは11日、同社新製品発表会「Galaxy Unpacked」をオンラインで開催し、最新折り畳みスマホ「Galaxy Z Fold3 5G」と「Galaxy Z Flip3 5G」を発表した。この2モデルに関する海外メディアの反応は、賛否両論だ。

ハイエンドモデルと普及版の2段構え

 Galaxy Z Fold3 5GとGalaxy Z Flip3 5Gはともに折り畳みスマホではあるが、位置づけが異なる。前者は大画面かつ多機能のハイエンドモデルなのに対して、後者は価格を抑えた普及版だ。

 Galaxy Z Fold3 5Gの特徴を要約すると、以下のようになる(以下の画像も参照)。

・スマホの側面を軸として折り畳む設計。折り畳んでいる状態で画面サイズは6.2インチ、開くと7.6インチ。開いた時にはメインセルフィ―カメラが見えにくくなる。
・Dolby Atmosステレオスピーカーに対応し、没入感のあるサウンドを実現。
・大画面をフル活用するUI「One UI」を採用。
・Samsungの折り畳みスマホとしては初めてSペンに対応。
・大画面を3分割して3つのアプリを表示できる。
・カバーディスプレイとメインディスプレイの両方が120Hzのリフレッシュレートに対応。

 

 Galaxy Z Flip3 5Gの特徴を要約すると、以下の通り(以下の画像も参照)。

・ガラケーのように端末中央部を折り畳む設計。折り畳むと4.2インチとなり、ポケットにすっぽり収まるほどにコンパクトになる。
・クリーム、ファントムブラック、グリーン、ラベンダーの4色のカラーバリエーション。
・1.9インチのカバーディスプレイを使えば、端末を開かずにメッセージの確認、写真撮影
音楽の再生などが可能。
・6.7インチのメインディスプレイは120Hzのリフレッシュレートに対応。
・画面を2分割してマルチタスクを楽しめる。例えば、YouTubeを見ながらメッセージが送信できる。
・Galaxy Z Fold3 5Gに比べて安価。Flip3 5Gは999.99ドル(約11万円)。Fold3 5Gは1799ドル(約19万9,000円)。

両モデルのさらなる詳細は、それぞれの公式サイトを参照のこと。なお、日本での販売スケジュールに関しては、現時点では未定である。

Z Flip3 5Gで折り畳みスマホ普及は加速?

 Galaxy Z Fold3 5GとGalaxy Z Flip3 5Gを報じた海外メディアのなかでも、CNETが公開した記事は両モデルを高く評価している。その記事では、両モデルの設計は折り畳みスマホが「見た目ほどには壊れにくいことを消費者に安心させること」を目指しており、価格に関しても「折り畳みスマホは超高額」という印象を払拭しようとしている、と述べている。

 両モデルの価格については、Samsung電子アメリカ法人のモバイル製品管理担当バイスプレジデントのDrew Blackard氏が「私たちはついに想定していた価格帯に辿りついたと考えています」と発表イベント前のインタビューで答えていた。

 Galaxy Z Flip3 5Gを報じた他のCNETの記事は、同モデルこそが折り畳みスマホの普及を前進させると期待を寄せている。そのような期待を寄せる理由として、前述のように折り畳みスマホとしては廉価であること、そして豊富なカラーバリエーションを挙げている。

 さまざまなアクセサリーがあることも、Galaxy Z Flip3 5Gの魅力となっている。ケースだけでSilicone Cover with Ring、Silicone Cover with Strap、Clear Cover with Ring、Leather Cover、Aramid Coverの5種類がラインナップされているうえに、Galaxy Watch4と同期するのだ(下の画像参照)。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる