ヒカキン、総額1億円超えの“仰天”衝動買いが話題 YouTuberドリームを体現する「腕時計愛」に迫る

 自他ともに認めるYouTuber一の腕時計好き・ヒカキンが、すごすぎる“衝動買い”をして話題を呼んでいる。

「僕は車も家も買わない人間。時計一筋でいきたい」

 かつて公開された動画でこう宣言するなど、ヒカキンの腕時計愛は強い。彼の高級腕時計遍歴が始まったのは2013年。YouTuberとして少しずつ貯金ができるようになってきた頃のことだった。当時のヒカキンは銀行で下した現金を封筒に詰め込み、おっかなびっくりに銀座の時計販売店へ訪れて、「ロレックス デイトナ Ref.116520(黒文字盤)」を約150万円で購入。そこから腕時計の魅力に取りつかれていった。

 その後、400万円ほどで「ロレックス スカイドゥエラー ホワイトゴールド Ref.326939」、約780万円で「ロレックス デイトナ アイスブルー 11Pダイヤ Ref.116506A」をゲット。2019年1月6日に6人組YouTuberグループ・東海オンエアの公式YouTubeチャンネルに公開された動画では、1890万円で「オーデマ ピゲ ロイヤルオーク エクストラ シン トゥールビヨン 18Kピンクゴールド Ref.26510」を衝動買いした。

【人生最高額】てつや、時計をヒカキンさんと買う!!

 さらに同年、推定2000万円の「パテックフィリップ グランドコンプリケーション パーペチュアルカレンダー クロノグラフ Ref.5270/1R-001」を購入し、2019年9月27日公開の動画では、推定4000万円の「パテックフィリップ ノーチラス パケットダイヤモンド Ref.5719/10G-001」を入手していた。

【ヒカキン1日密着】プライベート&仕事 朝から晩まで丸一日撮ってみた。【全てiPhone11 Proで撮影】【Vlog】

 このように、YouTuberとしての地位を確かなものにしていくにつれ、どんどん高額になっていくヒカキンの腕時計。この度、8月10日に公開された「【億超え】ヒカキン、人生最高額の衝動買いをしてしまう…【ROLEX ロレックス】【高級時計】」と題した動画では、YouTubeチャンネル「HikakinTV」開設10周年記念の自分へのご褒美として、自分史上最高額の腕時計を2本同時買いするという大盤振る舞いをして見せた。

【億超え】ヒカキン、人生最高額の衝動買いをしてしまう…【ROLEX ロレックス】【高級時計】

 もともと、本動画の目的は、先述した6本のコレクションを時計専門店で査定してもらうことにあった。しかし、実際に店舗へ訪れると、ヒカキンはショーケースに並べられた希少な高級腕時計の数々を目の当たりにし「いいなぁ~。やっぱり来てしまうと欲しくなってしまう」と、すっかりコレクター心に火が付いたようだった。とりわけ気になっていたのが、近日入荷されるという「ロレックス コスモグラフ デイトナ レインボー Ref.116595RBOW」と、5980万円の「ロレックス コスモグラフ デイトナ レインボー フル ペイブ ダイヤモンド Ref.116595RBOW」。このモデルを見ないことにはどれを買うか決められない……そこで、数日後の入荷を待って、再び同じ店舗へと足を運ぶことに。現物を前にすると、ヒカキンはカッと目を見開き「ヤバすぎる!」と驚きを表現し、「カッコいい……」とため息を漏らした。

 肝心の値段だが「ロレックス コスモグラフ デイトナ レインボー Ref.116595RBOW」は5280万円で、「ロレックス コスモグラフ デイトナ レインボー フル ペイブ ダイヤモンド Ref.116595RBOW」は5980万円。いくら億万長者のヒカキンとはいえ、容易に手が出せるシロモノではない。けれども、熟慮を重ねた末に「これ2本ください!」と決断。販売スタッフから「ありがとうございます」と言われると、「しゃー!!」と声を上げ、「私は欲望を止められませんでした!」と吠えた。

 今回、腕時計2本に費やした金額はなんと1億1260万円。ヒカキンは七色に光る新たなコレクションを両腕に巻き、「もう完全に僕の時計人生はいったんエベレストの頂上まで登り切った感じしたね。これ以上高い時計は生涯買うことないっすね。断言できます。孫の孫の孫の代まで受け継いでってもらう時計になりそうですね」としみじみと語った。

 2013年に150万円の「ロレックス デイトナ」から始まり、2021年、1億1260万円かけて2本の「ロレックス コスモグラフ デイトナ レインボー」を購入したことで、いったんは頂上を極めたヒカキンの高級腕時計探しの旅。わずか8年で75倍も高騰した腕時計遍歴は、まさにYouTubeドリームを体現していると言えるだろう。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる