オリラジ藤森、自身の村にバレルサウナを建築 YouTube開設当初からの夢のひとつを達成

 オリエンタルラジオの藤森慎吾が、公式YouTubeチャンネルに投稿した動画で、自身の“村”に念願のサウナを建築したことを報告した。

 藤森が、村づくりの構想をYouTubeで初めて口にしたのは、自身のチャンネルを開設して間もない、2020年3月5日に公開された動画でのことだった。今後YouTubeでやりたいことの一つとして、藤森は「サウナを作って、畑もあって、ログハウスとかもあって、“藤森ビレッジ”みたいなのがあって……」とおぼろげながらも語っていたのだ。

 その数か月後、あいまいだった計画は具体的に動き出す。2020年8月31日に公開された動画で藤森は、地元・長野に訪れて村づくり用の土地探しを開始した。幾度も見学を重ねた末、今年1月15日公開の動画では、ヤマメが生息する小川が流れる風光明媚な土地と巡り合い、帰りの車の中で購入を即決。「正直、俺はなんかもう見えた。あそこで俺がサウナに入って夜空を見上げて焚火を囲んで、笑ってる姿が」と興奮気味に未来予想図を描いていた。ちなみに土地の広さは約600坪で、価格は1265万円だった。

藤森慎吾、水が湧き出る山を買いました

 そうなると善は急げだ。藤森は早速、2月6日公開の動画で、YouTubeの撮影スタッフとともにテントサウナを設置。簡易的にではあるものの、自分の村でのサウナを初体験し、「最高としか言いようがない!」と喜んでいた。

藤森慎吾、自分で買った山でサウナをする

 その後、村づくりは加速していく。資材を搬入したり、桜の木を植えたり、重機で畑づくりをしたり、キャンピングカー・軽トラを納車したりと、時間と資金を惜しげもなく投入。藤森のオンラインサロン「FILLLLAGE」のメンバーも積極動員され、着々と村が開墾されていくその一部始終を、YouTubeで逐一報告してきた。

 そして、7月31日に「藤森慎吾のサウナ村作り!ついにMyサウナが完成しました!」と題して公開された動画で藤森は、「この村をつくった最初の目的の一つが“サウナを作る”ということで、今日ついに念願のサウナが到着しました」と伝えた。藤森が発注したのは、 エストニアから輸入されたという円柱型の「バレルサウナ」。職人たちの手で基礎工事含めた施工が終わると、藤森が陣頭指揮を執り、オンラインサロンメンバーやマネージャーと一緒になって、サウナの壁面にペンキを塗っていった。

藤森慎吾のサウナ村作り!ついにMyサウナが完成しました!

 こうしてサウナは着工からわずか2日間で完成。出来上がったバレルサウナを前に藤森は「うれしい。こんなにうれしいことはないよ!」と満足げな表情を浮かべ、「自分がいつでも好きな時に入れるサウナ。友だちや仲間と一緒に入れるサウナ。ついに完成しましたよ」と感慨に浸っていた。

 構想を口にしてから完成を報告するまで、およそ1年と5か月を要した藤森のMYサウナづくり。これにて第一目標は達成したわけだが、彼の村づくりはまだ始まったばかりだ。サロンメンバーと力を合わせて次はどんなモノを作り上げるのか。引き続き注目していきたい。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる