ヒロミ、「ハイゼット」に岩城滉一からもらったロールバーを装着 YouTube上で描かれる2人の絆

 ヒロミが、岩城滉一からもらったロールバーを愛用の軽トラ「ダイハツ ハイゼット ジャンボ カーキメタリック」の荷台に取り付ける動画をYouTubeに公開した。

 2人は、車にバイク、クレー射撃など、様々な趣味を共有する30年来の仲。ヒロミは、この芸能界の先輩を「お父さん」と呼んで慕っている。また先日、ヒロミの公式YouTubeチャンネル「Hiromi factory チャンネル」に公開された動画で特製のロールバーを、ヒロミにプレゼントしたことがあった。

【ハイゼット】岩城さんから貰ったロールバーをつけてみた!

 このロールバーは岩城の愛車「スズキ・スーパーキャリイ」にも搭載されている。岩城は5月28日、公式YouTubeチャンネル「#51TV」に公開した動画で同車を紹介。機能的でありながら、軽トラのビジュアルを華やかに飾るこのロールバーに対して、コメント欄には「カッコいい」「荷台のロールバー最高:超びっくりマーク:」「ロールバーもいいっすねぇ!欲しくなりました…」など称賛の声が殺到。こだわりのスーパーキャリイへの反響は大きく、動画の再生回数は7月29日現在で270万回を超えている。

 そんな大評判のロールバーを、ハイゼットの荷台に合うよう仕立てたワンオフ品として贈られたヒロミは7月28日、「Hiromi factory チャンネル」で「【ハイゼット】岩城さんから貰ったロールバーをつけてみた!」と題した動画を公開した。冒頭に、岩城からもらったロールバーがツヤありブラックだったため、ツヤなしブラックに塗装し直したことを説明したうえで、「これからくっつけようと。説明書もないので、勘でやってみたいと思います」と言って、作業を開始した。

 「説明書がない」と不安要素を述べていたヒロミだが、これまで幾度となくバイク・車のカスタムを手掛けてきた経験則によって、荷台に設置場所をマーキングし、それに沿って穴を開け、その穴に合わせてバーを固定するなど、テキパキと作業を進めていった。こうして、およそ3時間ほどでカスタムは完了。そしてヒロミは「完成したのでやはりこの方に見ていただかないと」として、ハイゼットとともに岩城の元へと訪れた。

 生まれ変わったヒロミの愛車を見て岩城は「いや~、締まったね。よくなったね。(ロールバーの)黒と(ボディカラー)のオリーブのマッチングがすごくいい」と絶賛。ヒロミも「ありがとうございます。おかげさまでこんな感じになりましたので」と誇らしげに微笑んだ。

 最後にヒロミが「今度はお父さん(岩城)のスズキのキャリイと2台でどっか行くっていう……」と提案すると、岩城も「ちょっとキャンプでも行っちゃいますか」と乗り気になっていた。近々公開されそうな、激シブな”大人のキャンプ動画”に、期待せずにはいられない。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる