Appleの純正モバイルバッテリー「MagSafeバッテリーパック」は買いなのか?

「MagSafeバッテリーパック」は買いなのか?

 先日に突然販売が開始された、米Appleのモバイルバッテリー「MagSafeバッテリーパック」。マグネットでiPhoneにくっつくこのモバイルバッテリーには、いくつもの先進的なアイディアが盛り込まれいている。

ケーブルレス充電を実現

 今回のモバイルバッテリーの商品名にもなっている「MagSafe」とは、もともとはAppleのラップトップに採用されていた、マグネットによる充電コネクタの名称だった。そして昨年発売された「iPhone 12シリーズ」でも、その名前を拝借したマグネット式のワイヤレス充電システムとしてMagSafeが登場した。

 MagSafeの特徴は、磁力の力でiPhone 12と充電器やアクセサリが強力にくっつくこと。これにより両者がずれることなく、確実に充電が行える。また、アクセサリ側に「ツメ」や「バンド」のような固定装置が必要ないので、見た目にもスッキリしているのがメリットだ。

 今回のMagSafeバッテリーパックも、iPhone 12シリーズの背面にくっつけるだけでワイヤレス充電が利用できる。充電速度は5Wとそれほど高速ではないが、緊急時のモバイルバッテリーと考えれば十分だろう。

実はリバースワイヤレス充電にも対応か

 MagSafeバッテリーパックの役目は、モバイルバッテリーだけではない。製品をiPhoneに装着し、20W以上の電源アダプタとMagSafeバッテリーパックを接続することで、iPhoneを最大15Wで充電することができる。つまり、MagSafeバッテリーパックはMagSafe対応の充電アダプタとしても利用できるのだ。

 さらに興味深いことに、MagSafeバッテリーパックをiPhoneに装着し、iPhoneを電源につなぐことでも両者の充電が可能になる。iPhoneは他のデバイスを無線充電する「リバースワイヤレス充電」に対応していないはずだが、どうやら今回のタイミングでAppleは同機能を有効化したようだ。

 なお、MagSafeバッテリーパックをiPhoneに接続すると、ロック画面に充電状況やバッテリー残量が表示される。またホーム画面にバッテリーウィジェットを追加し、充電状況を確認することもできる。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる