虹プロ出演メンバーも参加 日韓中ガールズグループオーディション『Girls Planet 999』への期待

『Girls Planet 999』への期待

 2021年8月、WANNA ONEやIZ*ONEを誕生させた「プロデュースシリーズ」やENHYPENが誕生した「I-LAND」を生み出したCJ ENMによる新たなオーディションプロジェクト『Girls Planet 999』がスタートする。

 今プログラムは、CJ ENMが所有するケーブルチャンネルMnetと、「リネージュ」「ブレイブソード」などMMORPGの世界的ヒットメーカーNCソフトが主催するグローバル活動を目指すガールズグループオーディション番組。NCソフトは昨年、AB6IX、CIX、宇宙少女、MONSTA X、ATEEZ、THE BOYZ、ASTROといった人気アイドルとコミュニケーションができる新しいアイドルファンの為のファン活アプリ「UNIVERSE」をローンチしたばかりだ。

 『Girls Planet 999』には、応募総数1万3千名の中から日本、韓国、中国の3つの地域で行われたオーディションを通過した各エリア33名、合計99名が参加。言語も文化も異なる「グローバルガールズグループデビュー」という同じ夢を抱く参加者たちが、地域を超えた仮想の世界「ガールズプラネット」で繰り広げられる、夢に向けた旅路と成長過程を見せながらデビューを目指す。独特の世界観の演出を手がけるのは、同じく仮想世界でサバイバルが繰り広げられた「I-LAND」のキム・シニョンだ。

K–GROUPメンバー

 特色としては、現役アイドルや過去にデビューサバイバル番組に出演経験がある参加者が多いことだろう。参加者たちは韓国のK−GROUP、日本のJ–GROUP、中国のC–GROUPに分かれており、K−GROUPにはCUBEエンターテイメントのCLCに所属するチェ・ユジン、チョンハの妹グループとして知られるBVNDITのシム・スンウン、FNCエンターテイメントからデビュー済みのCherry Bulletに所属するホ・ジウォン、BTSのLove Yourselfハイライトリールに出演していた同じくCherry Bulletのキム・ボラ、更にP1 Harmonyのデビュームービーに出演していた練習生のイ・チェユンが参加している。

 FANATICSからは「プロデュース48」に出演していたキム・ドア、イ・ナヨンが参加しているが、 Cherry Bulletは日本人メンバーのメイがJ−GROUP、FANATICSは台湾出身のジアイがC−GROUPにそれぞれ参加している。また、日本でも人気のTOMORROW X TOGETHERのメンバー・ヒュニンカイの妹ヒュニン・バヒエが参加することも話題になった。

C–GROUPメンバー

 C−GROUPにはSNH48に所属する王秋茹(ワン・チウル)、姉妹グループBEJ48の馬玉靈(マー・ユーリン)、GNZ48の梁嬌(リャン・ジャオ)、梁喬(リャン・チャオ)(双子の姉妹)やHickey・DAYLIGHTのような現役アイドルの他、中国で人気のサバイバルプログラムだった「青春有称2」「創造営2020」「明日之子」などの参加者が目立つ。

J–GROUPメンバー

 J−GROUPにはNiziプロジェクトに出演していた桜井美羽、岸田莉里花やJYPエンターテイメントの元練習生でStray Kidsのデビューサバイバルにも現ITZYのメンバーと出演していたことから一部のKPOPファンの間では知られている坂本舞白の他、オスカープロモーションのグループX21出身の川口ゆりな、元Prizmmyの久保玲奈やBABYMETALのサポートメンバーであるアベンジャーズ (元さくら学院)の岡崎百々子などの参加が確定している。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる