ヒロミのYouTubeCh、なぜ登録者100万人突破? 車にバイク、料理にゴルフ……多彩な趣味が支持される理由

 ヒロミのYouTubeチャンネル「Hiromi factory チャンネル」がついに登録者数100万人を突破した。

【祝】皆さんにご報告!

 一昨年の暮れに始動した「Hiromi factory チャンネル」。2019年12月27日に投稿された記念すべき1本目の動画でヒロミは、「陸・海・空、合わせて30以上の趣味がある」としたうえで、「それを皆さんにちょっとお見せして、『この趣味いいな』『これやってみたいな』と思っていただけたら幸いかなと思いました」とチャンネルの方向性を示した。以来、多彩な趣味を披露し、これまでにのべ191本の動画を公開。総再生回数は1億1600万回超に達する(7月17日現在)。

 チャンネル開始から1年7か月と15日。コツコツと積み重ねて到達した大台だけに、喜びもひとしおだ。ヒロミは7月14日に公開した「【祝】皆さんにご報告!」と題した動画で、「この『Hiromi factory チャンネル』、登録者数100万人突破いたしました!ありがとうございます!」と喜びを爆発させた。

 ヒロミによると、登録者数90万人あたりからなかなか増えなかったようだが、それも無理はない。「Hiromi factory チャンネル」のメイン視聴者は40~60代。年代的には、1動画当たりの再生数が高い一方、登録者数があまり伸びないバッドボーイズ・佐田正樹によるYouTubeチャンネル「SATAbuilder’s」の視聴者層と近しい。お気に入りのチャンネルを登録しておく習慣のない中高年のファンが、ヒロミの動画をよく視聴しているのだと考えられる。

 そんな「Hiromi factory チャンネル」において、とりわけ高い人気を誇っているのが、愛車にまつわる動画だ。ヒロミは、「ポルシェカイエンクーペ」「フェラーリ Four/FF」といった高級外車から、「フォルクスワーゲン タイプ3」「86年式メルセデスベンツ560SL」などのビンテージカー、軽トラの「ダイハツ HIJETジャンボ カーキメタリック」、果ては、YAMAHAのランドカー「G30s/G31sシリーズ ランドカー UMXガソリンモデル」まで、多種多様な車を所有している。

 中でも、注目を集めたのが、3月19日公開の「【初公開】ママが人生初のフェラーリ 運転させろー」と題した動画。本動画は、ヒロミが、妻・松本伊代の運転する「フェラーリ Four/FF」でドライブデートへ出かけるというもので、再生数は263万回を記録している(7月17日現在)。

【初公開】ママが人生初のフェラーリ 運転させろー



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる