ヒロミ、青春のバイク“ヨンフォア”を完全復活へ 16歳当時の姿は再現できるのか?

 タレント・ヒロミにとっての“始まりのバイク”「ヨンフォア」を復活させる動画がYouTubeで話題を呼んでいる。

 ヨンフォアとは、1974年に発売された「ホンダ・ドリームCB400FOUR」のこと。当時珍しい、排気量400cc・4気筒と「4」にちなんだ仕様だったため、この愛称で呼ばれるようになった。1965年生まれのヒロミにとって、ヨンフォアは子どもの頃からの憧れのバイク。16歳の時には先輩のおさがりを譲り受け、毎日のように乗り回していたという。

 昨年4月22日、YouTubeチャンネル「Hiromi factory チャンネル」に公開された動画でヒロミは、ヨンフォアを傍らに置き、まるで親友の肩を抱くように手をまわしながら「青春時代はほんとにこいつと365日、毎日ずっと一緒にいた」と思い入れの強さを熱弁し、「僕が今いじったりしてるのは、このオートバイに出会って、このオートバイをいじったのが始まり。僕がオートバイをいじったり、車をいじったり、家なんかもそうだけど、その始まりがこいつだった」と目を細めた。

 さらに本動画でヒロミは、この「ヨンフォア」をバラバラに解体した上で、16歳当時に乗車していた仕様にカスタムするプロジェクトを始動させると宣言し、「興味ない?いいんです。僕がやりたいからやるんです」と言い、”バイクいじり”を開始した。

 その直後から、「バイクバラバラ大作戦第●弾」と題した動画シリーズを定期的に投稿し、CB400FOURの解体・リペアの模様を届けていたヒロミだが、昨年7月14日公開の「CB400FOUR のエンジンをバラしてみたー」というタイトルの動画以来、しばらく音沙汰がなかった。

 しかし、今年の5月14日、「【CB400FOUR】俺の青春バイクを復活させる!40年前の色を思い出しながら塗装してみた。」と題した動画をもってプロジェクトは再始動。本動画では、40年前の記憶をたどりながら当時のカラーを再現すべく、塗装作業に取り組んでいた。そして、このほど6月24日に公開された「【必見】俺の青春バイクヨンフォアを復活!」と題した動画では、ホイールの取り付け作業を行っていた。

【CB400FOUR】俺の青春バイクを復活させる!40年前の色を思い出しながら塗装してみた。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる