ヒロミ、フワちゃんのバイクに続きラランド・サーヤに自作のプレゼント “八王子会”のあたたかな繋がり

 タレントのヒロミが自身のYouTubeチャンネル「Hiromi factory チャンネル」で、地元・八王子の後輩にあたるラランド・サーヤからの依頼を受け、テーブルを作る動画を5月25日に公開した。

【木工制作】ラランドの事務所開きのお祝い!🎉

 ヒロミは、八王子出身の著名人たちによる集い「八王子会」の中心人物。昨年行われた、マキシマム ザ ホルモンのナヲが仕切った第1回・八王子会には、元AKB48の高橋みなみ、現代ホスト界の帝王ローランド、塚本高史、ファンキー加藤、BiSHのセントチヒロ・チッチ、フワちゃんなど、錚々たる八王子出身のメンバーが集結していた。

 ヒロミによると、ラランドのサーヤも八王子会のメンバーとのこと。これまでフリーで活動していたラランドだが、3月に個人事務所「レモンジャム」の設立を発表している。八王子会の代表として、可愛い後輩の新たな門出を、黙って傍観するわけにはいかない。ヒロミが「欲しいものがあったらいいなさい」と聞いたところ、サーヤは「テーブルがほしい」と答えたという。

 ヒロミは、既製品をラランドの事務所に贈ろうと考えていたのだが、サーヤは「ヒロミさんに作ってほしい」とおねだり。「いやいや、僕、忙しいので」と拒んだヒロミだったが、甘え上手なサーヤに押し切られ、結局、木製のテーブルをDIYする羽目に。「ほんとにめんどくさいんです。本当に」とぼやくヒロミだが、後輩からのムチャぶりにどこか嬉しそうだ。

 というわけで早速、ヒロミは自宅のガレージで手際よく木材を切断し、各所に穴をあけていく。作業中も、「頼んできて『急ぎでお願いします』ってすごいよね(笑)」「そんなこと言う? 普通。人の善意をなんだろ思ってるんだろうな、若い子は」「早く欲しいなら買えっての!」と、サーヤへの愚痴は止まらない。しかし、物おじせずにグイグイ自分の要求を通しにかかってくるこの30歳年の離れた後輩に、大物相手でもタメ口で通した若かりし頃の自分と似たものを感じたのか、その表情は終始ほころんでいた。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる