Perfume・あ~ちゃん「ファンの人と結婚したい」 “理想のキスシーン”で妄想繰り広げる

Perfume・あ~ちゃん「ファンの人と結婚したい」 “理想のキスシーン”で妄想繰り広げる

 5月1日より、ABEMAの大人気恋愛番組『ドラ恋』シリーズの最新作『恋愛ドラマな恋がしたい ~KISS or kiss~』の放送が開始となる。

 『ドラ恋』は“恋愛ドラマの共演をきっかけに恋は生まれるのか?”をテーマに、若手俳優が毎話キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら、その恋愛模様も追いかける恋愛番組。今回はシリーズ初、ドラマパートのストーリーを一般公募し、鈴木おさむ氏が脚本化するということで既に注目を集めている。

 さらにメンバーの恋愛模様を見守るスタジオメンバーとして、今シーズンから新たに近藤春菜(ハリセンボン)、鈴木愛理が加わることとなった。前シリーズからの継続メンバーであるあ~ちゃん(Perfume)、福徳秀介(ジャルジャル)、小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE)を含めた5名は番組の魅力について以下のように語る。

 「今シーズンも相変わらず面白かったです。いつも面白いですが、毎シーズンごと見応えが違ってそれぞれメンバーも個性豊かでドラマのストーリーも今までとはちょっと違った感じに仕上がっています」(福徳)

 「今シーズンも美男美女揃いで観てるだけで癒されます。出演者は皆さん若いですが、それでも年齢関係なく、これまでの経験などその人自身を形成しているものが伝わってくるくらい、人間性にクローズアップされてますし、その中でどんな言葉を交わし合って愛や作品を育んでいるのかに前シーズンよりもさらにフォーカスされていると思います。キスシーンは、一般公募だけあって夢が叶うような女子が好きなシーンが多いです。さらに鈴木おさむさんが手を加えられているので、男性ももちろん楽しんでもらえて、男女問わずキュンキュンできる内容に仕上がっています。シェアハウスから見える景色も素敵で、旅行に行けない今だからこそ癒されます」(あ〜ちゃん)

 「初めてスタジオで一緒に観させてもらったんですが、めちゃくちゃ面白かったです。視聴者からの公募ストーリーも面白いんですが、ペア1組1組が演出を加えて演じるので、それぞれのペアの色も違ってより面白くなります。成長過程やドラマを演じることでの人の心変わりも見応えがありました。あと、人のキス観るのっていいなと思いました。女性ホルモンが活発になりました(笑)」(近藤)

 近藤とあ〜ちゃんはプライベートでも仲が良いことで知られているが、友人と一緒の収録について近藤は「今までのバラエティーや音楽番組での共演とは違って、恋愛番組を一緒に観る、しかもソファーで隣に座ってとなると、もはや“家”です」と明かし、かなりリラックスした状態で収録に臨めたようだ。あ〜ちゃんも「この番組自体が自分にとってご褒美なのに、さらに親友が隣にいてくれたらぶちあがりです」と返しており、スタジオでの2人の様子も今から楽しみだ。

 また、シリーズ7作目となり今や20代〜30代女性視聴者数ナンバーワンの番組にまで成長した『ドラ恋』シリーズについて、“実際に周囲に勧めるとしたら?”という質問に対し、今シーズンから新たにスタジオメンバーに加わった鈴木は「元々私も番組のいちファンで、去年の自粛期間でなかなか人に会えない中、人の恋愛模様を観て勝手に家でキャーキャーできていたので、コロナ禍で会えないカップルも多いだろうし、恋愛に発展できないケースも増えているだろうから、恋愛のドキドキを忘れてる人におすすめです。この番組を観て“恋するって良いな”って思って欲しい」と答え、あ〜ちゃんは「幼少期でも学生時代でも何かを頑張ったことがある人は、きっとハマると思います。演者たちの本気の芝居や、過酷な状況下で毎日涙し、笑い合いながらいろんなことを乗り越えていく姿を見れるので心が震えます。自分も何か頑張らにゃと背中を押してもらえる。私もすごい力をもらってます」と想いを述べた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる