ラファエル、スタッフの新居は家賃100万円のタワマン最上階に? “やらせ”公言も楽しくバブリーな企画続く

 街にそびえたつタワーマンションや高級マンション。親しい知り合いにバブリーな成功者か資産家でもいない限り、その内部を探索する機会はなかなかない。そんな滅多にお目にかかれないラグジュアリーな空間を、ルームツアー的に紹介してくれるのが、羽振りの良さをウリにする金持ちYouTuberの魅力だったりする。

 時給日本一のYouTuberを自称するラファエルは2月16日、公式チャンネルにて「イーサン新居公開!【#ドッキリ #ラファエル】」と題した動画を公開した。

イーサン新居公開!【#ドッキリ​ #ラファエル​】

 内容は、ラファエルがマネージャー・イーサンに提供する新しい住まいとして、家賃100万円/月するタワーマンションの最上階を内見するというもの。しかし、各所をチェックするだけチェックしておいて、いざ契約しようとなると、イーサンが「めっちゃ高所恐怖症なんですよ」と告白してお開きになる……というオチになっていた。

 “やらせ”を公然の事実としているラファエルの動画において、真実か否か、物件を本気で借りる気があるのかないのかを考えることはナンセンス。やはり見るべきは、選ばれた人しか住むことが叶わない、都内一等地に立つタワマン最上階の間取りと設備だ。複数人でBBQができそうなほど広いベランダに、メゾネットタイプで高さ5.7mで吹き抜けになっているリビング、都会の景色を一望できるバルコニーに、ジャグジー付きの露天風呂など……豪華すぎる室内設備が紹介された本動画には、コメント欄で「めちゃくちゃ豪華」「すごい物件でしたね」「凄い物件見れたしラファさんの漫談聞けて満足」などの声が寄せられており、評判は上々だ。

 このような高級マンションの内見動画は最近多く、いずれも好評を博している。たとえば、ラファエルは1月23日に投稿した動画でも、自身の会社で働くスタッフの一人がアルバイトから正社員へ昇格したことを祝い、彼に家賃40万円の高級賃貸住宅を提供している。

 ちなみに、高所恐怖症が明らかになったイーサンだが、現在住んでいるのは、「都心一等地、駅から徒歩1分、3LDKの83平米、家賃42万円」という好条件の住まい。この賃貸もラファエルが契約したもので、イーサン曰く「もっといいところに住みたい」との理由から今回、新居を探すことになったのだとか。何とも贅沢な話だ。

 さらに、金持ちYouTuberのヒカルは1月23日に公開した動画で、自らが立ち上げたYouTuberユニット・NextStageの一員でもあるYouTuber・相馬トランジスタの誕生日に際して、賃貸契約したものの、一切使用していない家賃30万円を超す高級マンションの一室を提供。相馬の希望によってこの部屋に住む話はなくなったものの、1月31日に公開された動画で、同レベルの高級マンションの一室が相馬に与えられていた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる