1400万人がハマる、中国農村部の生活を活写したYouTubeチャンネル

 海外旅行はおろか、気軽に外出することすらためらわれる今、YouTubeで海外の美しい伝統文化に触れてみるのはいかがだろうか? 今回は中国のライフスタイル系YouTuber「李子柒(リー・ジーチー)」を紹介しよう。

 彼女は、故郷である四川省の農村部から中国の伝統的な文化・生活を発信して高い支持を得ている。YouTubeチャンネル登録者数は2021年1月時点で、1410万人を突破。世界的なインターネットセレブリティだ。チャンネルの規模が大きくなってからは少人数のチームで動画制作を行っているそうだが、現在も出演・ダイレクションは自らが担当している。

 注目すべきは、その映像美。まずは伝統的な工芸技術を使って羊毛のケープを編む「凍える冬に備えて羊毛ケープを編む」を見てみよう。



 息を呑むような農村部の情景から動画がはじまる。




 牧場での仕事を終えた後、いよいとケープ作りを開始。大きなざるに入っているのは牧場で刈った羊毛。なんと、糸から手作りするのだ。


 一晩乾燥させた羊毛を染料で染める前に、糸巻き器で丁寧に紡いでいく。


 いよいよ染色。先ほどから、ところどころに子羊や子犬などが写っていることに、お気づきだろう。画面にフレームインしてくるのは彼女のアップロードする動画の定番。他の作品を視聴するときもぜひ注目してみてほしい。


 作業も最終段階。藤色に染まった毛糸を1本1本丁寧に編み上げ、完成させていく。



 こうして、完全ハンドメイドの美しいケープが完成した。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる